TOP > 検疫所の業務 > 予防接種業務 > 狂犬病ワクチンの暴露後接種について
再発行手続きについて 狂犬病ワクチンの暴露後接種について 海外の様々な感染症を検索 健康相談のご案内
 海外、特に東南アジア等の流行国で狂犬病が疑われるイヌ、ネコ及び野生動物に咬まれた場合は、まず傷口を石けんと水で良く洗い流し、医療機関を受診して下さい。
 狂犬病は一旦発症すれば効果的な治療法はありません。
 
 このため感染の発症を予防するため、出来るだけ早期に連続した狂犬病ワクチンの接種を開始する必要があります。

 このことを暴露後接種(ばくろごせっしゅ)といいます。

 
渡航前のワクチン接種を行っている場合であっても、犬などに咬まれて感染した可能性がある場合には、暴露後のワクチン接種が必要です。
事前予防接種の履歴が明らかな場合には
接種初日(0日)と3日後
の、計2回接種することになります。
  渡航前に予防接種を受けずに、犬などの野生動物に咬まれ、感染した可能性がある場合には、初回のワクチン接種日を0日として
3日・7日・14日・30日及び90日
の、計6回接種することになります。
▲ このページのトップへ

< プライバシーポリシー < ダウンロード