庁舎

 現在の庁舎は、昭和38年9月に神戸市より取得した26,885㎡の土地(所在:神戸市兵庫区遠矢浜町1番1号)に建てられており、主な建物は、事務庁舎、輸入食品・検疫検査センター1号棟・2号棟及び遺伝子組換食品検査施設となっています。

 現在の事務庁舎は、平成10年9月に竣工し、二階建ての鉄筋コンクリート造りで延べ面積1,317㎡を有し、輸入食品・検疫検査センターと渡り廊下で繋がっています。

 輸入食品・検疫検査センターの1号棟は、二階建て延べ1,768㎡の建物で平成7年9月に竣工しました。その後、平成15年3月には、同検査センター1号棟の別棟に二階建て延べ299㎡の遺伝子組換え食品検査施設が竣工し、さらに平成23年3月には二階建て延べ2,216㎡の同検査センター2号棟が竣工した結果、現在の同検査センター建物は全体で4,283㎡の延べ面積を有しています。

 また、食品監視第二課は、神戸航空貨物ターミナルビル棟内(所在:神戸市東灘区向洋町東4丁目16番地)の1階の一部(119.93㎡) を賃貸借しています。

庁舎前景
庁舎前景
庁舎略図
庁舎略図
▲ページトップへ