組織図

組織図
1. 総務課
人事、給与、福利厚生、予算、契約並びに物品及び国有財産の管理業務などのほか、市場開放問題苦情受付窓口、情報公開窓口などの業務を行っています。
2. 検疫衛生課
国内に常在しない感染症の病原体が船舶、航空機を介して国内に侵入することを防止するための検疫や、海外における感染症の発生状況及びその予防についての情報提供並びに予防接種などを行っています。
また、国際航行する船舶の衛生検査や港湾区域におけるねずみ族及び蚊族の生息状況の調査を行うとともに、必要に応じて駆除・消毒等を実施しています。
さらに、動物等の輸入届出の受理、審査、指導、相談などを行っています。
3. 食品監視課
食品等の輸入届出の受理、審査及び検査を行うとともに、食品等の輸入に関する指導、相談を行っています。
神戸検疫所食品監視課の管轄区域は兵庫県(神戸市灘区及び東灘区を除く)、岡山県、香川県、徳島県となっています。
4. 食品監視第二課
食品等の輸入届出の受理、審査及び検査を行うとともに、食品等の輸入に関する指導、相談を行っています。
神戸検疫所食品監視第二課の管轄区域は神戸市灘区及び東灘区となっています。
5. 輸入食品・検疫検査センター
全国の検疫所から送られてくる輸入食品の検体、感染症の病原体について高度な試験検査を実施しています。
・審査指導課
輸入食品の試験及び検査の業務の管理に必要な審査及び指導を行っています。
・統括検査官(総合調整・動物医薬品担当)
動物用医薬品及び添加物に係る試験検査業務のほか、各試験検査業務との総合的な調整を行っています。
・統括検査官(有害・有毒物質担当)
食品中の有害・有毒物質に係る試験検査業務を実施しています。
・統括検査官(玩具、食器具担当)
乳幼児用玩具や食器具等の規格に係る試験検査業務を実施しています。
・統括検査官(残留農薬担当)
残留農薬に係る試験検査業務を実施しています。
・統括検査官(加工食品の残留農薬担当)
加工食品中の残留農薬に係る試験検査業務を実施しています。
・統括検査官(農薬等の試験法開発・評価担当)
農薬等の試験法の開発及び評価に関することを実施しています。
・統括検査官(衛生微生物担当)
検疫感染症等の病原体及び媒介体等に係る試験検査業務及び輸入食品の病原微生物、抗生物質等に係る試験検査業務を実施しています。
・統括検査官(遺伝子組換え食品担当)
遺伝子組換え食品に係る試験検査業務を実施しています。
▲ページトップへ