大阪検疫所

海外に渡航される方へ

 海外への渡航は、時差や気候の違いに加え、長時間の飛行などにより、心身とものストレスがかかることが予想されます。このため、思いがけない健康上のトラブルに見舞われる恐れがありますので、事前に渡航先の情報などをしっかり把握しておくことが必要です。

FORTH 海外で健康にお過ごしいただくための情報サイト

出発前

渡航先の情報は入手済みですか?

 アフリカ地域や中南米地域などは黄熱の国際予防接種証明書を要求される場合があります。また、渡航先や渡航形態によっては受けられた方が良い予防接種がありますので、情報を入手しておきましょう。
 複数の予防接種を受ける場合、数ヶ月かかることもありますのでご注意ください。

予防接種についてもっと詳しく知りたい方はこちら
国別感染症情報についてはこちら

必要な物品は準備できましたか?

 持病がある方は普段使用している薬を忘れないようにしましょう。それ以外の方も胃腸薬、整腸剤、風邪薬、解熱剤、痒み止めなどを持参しましょう。

携行医薬品についてもっと詳しく知りたい方はこちら

旅行中

食べ物・飲み物に注意しましょう!

 生水は厳禁、ジュースや水割りなどに入っている氷もほとんどが生水で作られています。病原菌が入っている可能性がありますので注意しましょう。また、肉や魚、野菜などを生のまま食すことも避けましょう。

犬・猫・鳥などの動物、ペットを触ったりするのを控えましょう!

 動物は様々な病原体や寄生虫をもっており、それらが原因で日本では考えられない病気にかかることがあります。狂犬病などもそのひとつです。

蚊・ノミ・しらみ・ダニ等に注意しましょう!!

 これらは感染症を媒介します。肌を露出した服装を避け、虫除けスプレーや蚊取線香などで防御しましょう。

素足で歩いたり河川で泳ぐのを控えましょう!

 素足で歩くと寄生虫や病原菌が皮膚から侵入し、思わぬ病気にかかります。また、河川も細菌で汚染されています。特によどんだ水は要注意です。

帰国後

帰国時に体調に異常があるときには

 検疫所(健康相談室)に申し出てください。必要に応じマラリア、デング熱などの検査を行います。健康相談室には感染症の資料や医療機関のリストなどもありますので、お気軽にご相談下さい。

帰国後に体調に異常があったときには

 病気には、潜伏期があり、感染してもすぐには発病しません。日本で一般的な病気で潜伏期の長いものは多くはありませんが、熱帯を中心として海外には潜伏期間の長い疾患が数多くあります。
 このような外国の病気は通常日本には存在しないので、具合が悪いからと病院で受診しても、医師は外国で感染した病気には思いが至らず、診断が遅れ、それが命に関わることも考えられます。
 従って、海外旅行から戻った後2ヶ月程度は、体調に異常があれば早めに医療機関を受診し、海外へ行って来たことを必ず医師に告げた上で相談をしてください。

その他のお役立ち情報

 詳しくはこちらをご覧下さい。

→ 大阪検疫所トップページへ