年別のニュース
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2011年のニュース

熱帯、亜熱帯地域でのデング熱流行 続報

CDC Travelers' Health (Outbreak Notice) 2011年05月02日

流行状況

デング熱はカリブ海、中央アメリカ、そして、南アジア、中央アジアから戻る旅行者の発熱原因として最も一般的な疾患です[1]。デング熱は、オセアニア、アジア、カリブ海、アメリカ熱帯・亜熱帯地域の国のほとんど、そして、時にアフリカで報告がされています。この疾患は、4種類の類縁ウイルス(DENV-1, -2, -3, -4)の感染により発症し、そのウイルスに感染した蚊に刺されることで感染し拡大します。
デング熱の伝播は農村地帯、都市部ともに起こりますが、デング熱感染は都市環境で特に高頻度に報告されています。

世界のデング熱に関する更新情報は、CDCのウェブサイト「DengueMap」を参照してください。

アフリカとインド洋諸島

デング熱感染はアフリカとインド洋諸島すべてで起こります。また、デング熱がこれまで公的には認められていなかった地域を含む、アフリカ諸国とインド洋諸島からの帰国者で診断されています。

南太平洋

デング熱感染は南太平洋で地域感染を起こしています。また、周期的に流行が起こっています。デング流行が起こるとされている典型的な時期以外でも、旅行者はデング熱に罹患するリスクがあります。2011年にデング熱の活動性が報告された国の中には、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイがあります。また、オーストラリア、クイーンズランド州北部の地域感染がみられる地域でデング熱の散発的な活動が報告され続けています。

アメリカ大陸とカリブ海

中南米、およびカリブ海の多くの国がデング熱の活動性を報告しています。汎米保健機構(PAHO)によると、2010年に、180万以上のデング熱症例が全アメリカ大陸で報告されました。2011年の最初の2カ月で、20万例以上のデング熱症例がこの地域で報告されました。この中には2,744症例の重症デング熱症例が含まれています。これらの症例はアルゼンチン、ボリビア、ブラジル、コロンビア、パラグアイ、およびペルーを含む、地域の多くの国で報告されました。

中東

デング熱の活動性は、全中東で散発的に報告されており、これにはサウジアラビアのジェッダなどの旅行者に人気がある地域が含まれています。

旅行者に対する推奨事項

旅行者は蚊に刺されないように注意することで、デング熱にかかるリスクを減らすことができます。デング熱を媒介する蚊は、通常夕暮れ時か朝方に人を刺します。しかし、日中でも刺されることがあり、特に室内や、日陰になっている場所、曇りの時は刺される可能性が高くなります。
旅行者は下の手順を踏んで、蚊から刺されないようにしてください。

・可能な限り、しっかりと網戸がとりつけられているか、空調が整っている、また、蚊の駆除を行っている、ホテルやリゾートに滞在するようにしてください。

・屋外にでかける場合や十分な網戸がホテルに設置されていない場合には、虫除け剤を皮膚が露出している部分につけてください。日焼け止めが必要な場合には、虫除け剤を使用する前につけてください。

*以下の有効成分のいずれかが含まれている虫除け剤を使用してください。:
DEET、ピカリジン(picaridin : KBR 3023)、レモンユーカリの木の油(PMD)、IR3535虫除け剤を使用する場合には、必ず添付文書にかかれた使用法を守ってください。

*通常、どの成分であっても、虫除け剤の蚊に対する防御効果の持続は、有効成分の濃度に比例して長くなります。しかし、50%を超えた場合、持続時間の延長はあまりみられなくなります。有効成分濃度が10%未満の場合、1から2時間以下といった短い防御効果しかえられなくなるかもしれません。

*アメリカ小児科学会は2ヶ月以上の小児に対して、DEET濃度が30%までの虫除け剤の使用を認可しています。

*2ヶ月未満の乳児の場合には裾が伸び縮みして、ベビーカーにぴったりと合う蚊帳で覆ったベビーカーを使用してください。
乳児、小児に対する虫除け剤の使用の詳細」については、「乳児小児と安全に旅行するには」のセクション、CDCの「昆虫虫除け剤に関するFAQ」をご参照ください。

注:日本での参考資料

(1) 2005年8月24日付け厚生労働省医薬食品局の発表
小児(12歳未満)に使用させる場合には、保護者等の指導監督の下で、以下の回数を目安に使用すること。なお、顔には使用しないこと。
・ 6か月未満の乳児には使用しないこと。
・ 6か月以上2歳未満は、1日1回
・ 2歳以上12歳未満は、1日1~3回

(2) 国立感染症研究所 安全な忌避剤(虫除け)の使用方法
*昆虫虫除け剤についてさらに情報が必要な場合には、ウェブページの「蚊やダニから自分を守る」をご参照ください。

・屋外に出る際にはゆったりした、すその長いシャツとズボンを身につけてください。
*さらに予防効果を高めようとするなら、ペルメトリン(permethrin)、もしくはアメリカ合衆国環境保護庁(EPA)が承認した薬剤を含む虫除け剤を、衣服にも噴霧してもよいです。(注:ペルメトリンは皮膚にはつけないこと)

症状と治療

デング熱の症状には以下のものがあります。

 ・発熱
 ・重度の頭痛
 ・眼窩痛
 ・関節痛、筋肉痛
 ・発疹
 ・嘔気、嘔吐
 ・出血症状

通常デング熱の症状は軽いのですが、重症なデング出血熱(DHF)を起こすことがあります。この場合、治療しなければ致死的です。以前にデング熱にかかったことがある人のほうが、重症デング熱になるリスクは高くなります。
デング熱を予防するワクチンはありません。また、デング熱による病状を治療する、特異的な薬剤はありません。デング熱になった人に対しては、アセトアミノフェンなどの解熱剤を投与することもできますし、経口補水液や輸液製剤などが必要となることもあるでしょう。また、重症な場合には血圧を維持するための治療を必要とする場合もあります。アスピリン(アセチルサリチル酸)やアスピリンを含有している薬剤、その他の非ステロイド系消炎剤(イブプロフェンなど)は出血のリスクが高くなることを考慮し、投与してはいけません。
重症デング熱(例えば、ショック切迫状態に合致する所見や症状がある場合)を早期に発見し、治療することにより、デング熱による死亡例を減らすことができます。

もし、あなたが外国に旅行し、発熱をともなう病状がみられた場合には、治療を受けなければなりません。医師やその他の医療従事者に、最近旅行したことを必ず告げてください。

医療従事者向けの情報

デング熱以外の疾患でもデング熱に似た症状を呈するため、デング熱であると正しく診断することが重要です。医療従事者は、症状の出現した時からさかのぼって二週間前まで、熱帯地域に旅行したことがある発熱患者に対しては、デング熱、マラリア、(南アジアやインド洋沿岸の国の場合には)チクングニア熱を鑑別診断としてあげなければなりません。

さらに情報が必要な場合には

デング熱および蚊からの防御方法については以下のリンクをご参照ください。

 ・デング熱:CDC 海外旅行者のための健康情報
(Health Information for International Travel 2010)
 ・蚊やダニから身を守るには
 ・質問と回答:昆虫虫除け剤の使用法と安全性
 ・CDCデング熱ウェブサイト

旅行者のデング熱についての情報がさらに必要な場合は、以下のホームページをご参照ください。