2013年のニュース

世界におけるインフルエンザ流行状況 (更新10)

2013年5月24日 WHO ( 原文〔英語〕へのリンク 

要約

北半球の温帯地域におけるインフルエンザの活動性は低い水準に低下していますが、カナダ
 とエジプトを含むいくつかの地域で伝播が続いています。

 熱帯地域でのインフルエンザの活動性は様々ですが、前週と同様の傾向です。マダガスカル
 
では4月の上旬から流行が報告されています。

 南半球のインフルエンザ活動性は、南アフリカでわずかな増加が報告されていますが低いレ
 ベルです。

 H7N9に関する情報はWHOのウェブサイトを参照して下さい。
 ●
WHOホームページ(英語)

 北半球におけるインフルエンザシーズンのインフルエンザ活動性のまとめは、5月31日付発
 行予定のWHOの疫学週報(World Epidemiological Report)に掲載される予定です。

北半球の温帯地域

 北半球温帯地域でのインフルエンザ活動性は、低い水準まで低下しましたが、一部8地域の数か国では続いています。

 カナダでは、インフルエンザB型がシーズンの終盤から循環し始めたため、シーズンが延長していましたが、5月上旬からはB型の伝播は減少傾向にあります。インフルエンザに関連した入院も多数報告されており、ほとんど全てが、インフルエンザB型に関連したものでした。

 米国、ヨーロッパ、北アジアでの伝播は、シーズンオフの水準に戻りました。北アフリカでは、インフルエンザB型とインフルエンザA(H1N1)pdm09の両ウイルスの伝播が、4月の上旬にピークに達し、5月上旬には低水準での伝播が報告されました。

 北半球2012-13インフルエンザシーズンのまとめは、5月31日付のWHO 疫学週報に掲載されます。

熱帯地域

アメリカ大陸の熱帯地域(中米、カリブ海諸国)

 中米、カリブ海諸国と南米の熱帯地域のインフルエンザの活動性は同様であり、主にインフルエンザA(H1N1)pdm09によるものです。ブラジルでのインフルエンザ活動性は、全体的に減少しましたが、主にインフルエンザA(H1N1)pdm09によるSARI(重症急性呼吸器感染症)症例が南部地域を中心に増加しました。対照的にエクアドルでは、インフルエンザA(H3N2)の活動性が減少したと報告されました。

中部アフリカ

 中部アフリカ熱帯地域のわずかな国で、過去数週間にわたって、3種類のウイルス型が様々な割合で、低水準での伝播が継続していると報告されました。マダガスカルでは、4月上旬からインフルエンザ伝播が増加しており、インフルエンザA(H1N1)pdm09が最も高い割合で、報告されました。

アジアの熱帯地域

 南アジアのインフルエンザ伝播は、前週と同様に3種類のウイルス型が混在していました。インドでの伝播は、3月下旬にピークに達したようで、主としてインフルエンザA(H1N1)pdm09と、わずかに少ないA(H3N2)とインフルンエンザB型ウイルスによるものでした。スリランカでのインフルエンザの活動性は、今シーズンを通して高い水準であり、インフルエンザB型とインフルエンザA(H1N1)pdm09によるものでした。中国南部のインフルエンザ伝播は、3月中旬にピークに達し、ほとんどがインフルエンザA(H1N1)pdm09によるものでした。

南半球の温帯地域

 南アフリカは、最近インフルエンザ陽性となる検体の割合が増加しているようで、第19週には37.5%の検体でインフルエンザ陽性であり、インフルエンザシーズンが始まったことを示唆しています。そのほとんどが、インフルエンザA(H1N1)pdm09です。第18週、第19週で、インフルエンザB型はほとんどなく、インフルエンザA(H3N2)は1検体でした。

 オーストラリア、ニュージーランドや太平洋諸島では、ILI活動性は低いままで、インフルエンザ陽性の検体はほとんどありませんでした。オーストラリアでは5月5日から11日までに、ILI208検体のうち1検体がインフルエンザA(H1N1)pdm09、1検体がインフルエンザBに陽性でした。ニュージーランドでは、2013年5月5日から12日までインフルエンザの活動性は低いままで基準値に達していません。149検体のうち7検体がインフルエンザ陽性で、そのうち3検体でインフルエンザB、2検体でインフルエンザA(H3N2)、1検体でインフルエンザA/Perth/16/2009(H3N2)、1検体でインフルエンザ亜型不明が検出されました。

出典

Influenza update  24 May 2013 – Update number 186
http://www.who.int/influenza/surveillance_monitoring/updates/latest_update_
GIP_surveillance/en/index.html