2013年のニュース

デング熱流行状況 - アジア WPRO (更新9)

2013年10月2日 WPRO ( 原文[英語]へのリンク

 デング熱の活動性は国によって異なっています。オーストラリア、ラオス、マレーシア、ニューカレドニア、シンガポールでは、2013年は2012年の同時期に比べ、症例報告数が多くなっています。最近の傾向では、フィリピン、シンガポール、ベトナムで増加しました。ラオスの状況にWHOは対応を続けており、デング熱の活動性は減少を続けています。最近の傾向も、オーストラリア、カンボジア、マレーシアで減少し、ニューカレドニアでは低い水準に減少しました。フランス領ポリネシアでは、デング熱の活動性が続いていると報告されています。

             2013年10月2日更新

131004_(131002)_WPRO_Dengue.jpg

この表は報告症例数です。デング熱の報告は国により異なり、各国のサーベイランスシステムが変更されても、上記の数値に反映されていません。2012年と2013年の報告症例数はそれぞれ同期間です。
* 最近の傾向は各国の過去3週間の推移です。
** オーストラリア:Aedes aegyptiAedes albopictus はクイーンズランド北部とトレス海峡諸島にのみ生息しています。

アジア

オーストラリア
  月別の傾向は、今年8月から9月にかけて減少し続けました。9月は45人が報告され、2012年の同時期に近似し47人でした。今年9月30日までに1,351人が報告されました。

カンボジア
  過去3週間の推移をみると、週別の傾向は減少を続けました。今年9月11日から17日までの週に、168人が報告され、2012年の同時期は1,294人でした。今年9月17日までの報告数は14,592人(死亡44人)でした。

中国
  今年9月3日現在、雲南省南部のシーサンパンナ・タイ族自治州では、8月15日が最初のデング熱集団感染報告から、581人のデング熱患者の総数が報告されました。ほとんどの症例は、先住民族です。116人の患者が未だに入院し、56人は自宅で治療され、409人の患者が回復し、重症症例や死亡はありませんでした。国と地方による緊急対応として、この集団感染を制御する支援が実施されました。医療従事者向けの訓練コースで、防蚊スプレー及び教育や啓発を目的としたIEC活動とともにベクターコントロール対策や症例管理についてです。流行の傾向として、これ以上の増加はみられていません。中国全体として、今年1月から8月までに913人のデング熱患者が報告されました。加えて、雲南省や広東省でも今年はデング熱の症例数が増加し、8月末日までに296人の患者が報告されました(大部分の報告が7月と8月でした)。

ラオス
  過去3週間の推移をみると、患者数は依然として警戒水準を超えていますが、過去3週間の推移をみると週別の傾向は減少を続けました。今年9月15日から20日までに556人(死亡なし)が報告され、2012年の同時期は431人でした。今年9月20日までの報告数は41,837人(死亡93人)でした。

マレーシア
  過去3週間の推移をみると、週別の傾向は増加を続けました。今年9月15日から21日までの週に、946人が報告され、2012年の同時期は344人でした。今年9月21日までの報告数は21,453人(死亡45人)でした。

フィリピン
  過去3週間の推移をみると、週別の傾向は減少しました。今年9月7日までに、117,658人(死亡433人)が報告されました。

シンガポール
  患者数は依然として流行閾値を超えていますが、過去3週間の推移をみると、週別の傾向は減少しました。今年9月15日から21日までの週に371人が報告され、2012年の同時期は72人でした。今年9月21日までの報告数は16,412人でした。

ベトナム
  今年8月20日までに、35,699人(死亡23人)が報告され、2012年の同時期は46,121人(死亡34人)でした。今年8月1日から20日までの報告数は、19,364人(死亡7人)でした。

太平洋州

ニューカレドニア
  過去3週間の推移をみると、週別の傾向は減少を続け、依然として低い水準でした。今年9月15日から28日までの週に、2人が報告されました。今年9月28日までの報告数は10,534人でした。

ソロモン諸島
  今年8月2日現在、6,733人(2週間前の報告から新たに142人)の患者が報告されており、このうち8人が死亡しました。いくつかの州では依然としてデング熱の伝播が続いており、過去2ヶ月では患者数は減少しました。流行状況の変化がなければ、このデング熱集団感染が最後の更新になるでしょう。ソロモン諸島における流行の詳しい情報は、以下の報告書を参照して下さい。
  http://ojs.wpro.who.int/ojs/index.php/wpsar/article/view/206/308

フランス領ポリネシア
  デング熱と月間患者数が8月は129人、9月27日までは140人と増加の報告が続いています。今年9月27日現在、2月からの患者総数は515人いました。大部分の患者はデングウイルスⅠ型で、3分の1の患者がデングウイルスⅢ型です。大部分の患者は、タヒチ島(59%)とモーレア島(28%)からです。

出典

WPRO : Dengue Situation Updates, 2 October2013
http://www.wpro.who.int/emerging_diseases/DengueSituationUpdates/en/index.html