2010年02月26日更新 モルディブでチクングニア熱が流行しています。

チクングニア熱は、ウイルスに感染した蚊に刺されることによって起こる病気で、アフリカとアジアの熱帯地域で流行しています。

2010年2月25日に発表された、ユーロサーベイランスでは、モルディブのマレ島から帰国したフランス人渡航者のチクングニア熱の事例が報告されました。

流行地域では、袖の長い衣服、虫よけスプレーなどで、蚊に刺されないように注意しましょう。

仮訳文

渡航先別情報・感染予防情報