2010年06月30日更新 コンゴ共和国で急性出血熱の発生が疑われています。

急性出血熱は、エボラウイルス、ラッサウイルスなどで引き起こされる疾患の総称で、高い致死率を示す危険な病気です。流行がみられる地域で、直接患者やその体液に触れ、かかることが多いとされています。

2010年6月29日 WHOは急性出血熱の疑いのある人が5名、コンゴ共和国北部、サンガ地域(Sangha)、モコケ地区(Mokoke)の山村Mokouangondaで発生し、3名が死亡したと報告しました。死亡例は森林で猟をしていた猟師でした。

現在、WHOと地域のチームが状況の把握と検査を進めています。

旅行者の訪れる機会の少ない場所ではありますが、コンゴ共和国を旅行する予定のある方は、今後の情報に十分にお気をつけいただき、流行地域に近づかないようにしてください。

詳しくは、こちらをご覧ください:

仮訳文