2010年07月05日更新 コンゴ共和国で急性出血熱の発生が疑われています(続報)。

2010年6月29日 WHOは6月29日に発表したコンゴ共和国での急性出血熱の患者について、現在までの検査ではウイルス性出血熱の証拠はえられていないと発表しました。感染制御が現在も行われています。

出血熱が否定されたわけではなく、引き続き注意が必要です。

仮訳文