2010年10月06日更新 セネガルで黄熱が発生しています。

黄熱は蚊によって感染し、死亡するリスクの高い病気です。非常に有効な予防接種があります。サハラ砂漠よりも南のアフリカ地域や、中南米の熱帯地域には、黄熱に感染する危険のある地域が多く存在しています。世界では入国に際して黄熱ワクチンの接種が求められる国がたくさんあります。

WHOは2010年9月20日、セネガルのThies地域で2例の黄熱が疑われる人をセネガル保健省より報告されたと発表しました。この2人はガンビアのTandji 地区の漁師で、1人は黄熱と確定診断されました。この患者は黄熱の予防接種をうけていませんでした。

101006_1.gif

セネガルへの入国に際しては、黄熱に感染する危険のある国から来る人は黄熱予防接種証明書(黄熱ワクチン接種後に発行されます)が必要とされています。

ガンビアへの入国に際しては、黄熱に感染する危険のある国から来る1歳を超える人に黄熱予防接種証明書(黄熱ワクチン接種後に発行されます)が必要とされています。黄熱ワクチンの接種が可能な機関については、こちらを参照ください。

仮訳文

感染症別情報