2011年01月14日更新 メキシコ、コスメル島でレジオネラ症が発生しています 。

レジオネラ症は、レジオネラ菌で汚染された霧状の水、蒸気などを吸いこむことで感染します。世界中どこでもみられる感染症で、集団感染を起こす場合があり、旅行者がホテルで感染する例も報告されています。

レジオネラ症がメキシコのコスメル島内、Regency Club Vacation Resortおよび Wyndham Cozumel Resort & Spa(旧formerly Reef Club)で発生しています。 2008年5月以来、このリゾートに滞在したアメリカ合衆国とオランダからの旅行者で、レジオネラ症が確認されています。2010年12月に、水道に対する消毒が実施されましたが、患者発生の通知を受けており、現在でもレジオネラ菌が存在したままであることが疑われています。

この地域へ旅行する方は、事前に情報を入手し、滞在先を検討してください。特に、喫煙されている方や50歳以上の方、持病をお持ちの方などは注意をしてください。

110114_1.gif

仮訳文