• トップページ >
  •  新着情報 >
  •  インドネシア(バリ島)で新たに鳥インフルエンザ2症例が確認されました。

2011年10月27日更新 インドネシア(バリ島)で新たに鳥インフルエンザ2症例が確認されました。

2011年10月26日のWHOの発表によりますと、インドネシアで新たに鳥インフルエンザ2症例が確認されました。

1例目は、バリ州バリ島バンリ県の5歳女児です。9月27日に発症し、10月5日に地元の総合病院に入院、10月9日に死亡しました。

2例目は、10歳男児(1例目の兄)です。9月30日に発症し、10月5日(妹が入院した同日)に入院、10月10日に死亡しました。

疫学調査の結果、患者は家きんのいたところに住み、当家族と近所住民が飼育する家きんは、患者が病気になる前に死んでいたことが判明しました。

研究所は、H5N1であることを確認しています。

インドネシアでは181症例目となり、うち149症例が死亡しています。

現地にご滞在の際は、鳥がたくさんいる場所で鳥に直接触ったり、病気や死んだ鳥に近寄らないようにしましょう。

出典
 

WHO:Avian influenza-situation in Indonesia-update7
http://www.who.int/csr/don/2011_10_26/en/index.html