2011年11月30日更新 アフリカでコレラが発生しています(更新1)

コレラは、下痢や嘔吐が生じるコレラ菌による病気です。重い下痢が起こることがあり、大量の水分が失われ、脱水から死亡する例もあります。

国境なき医師団(MSF)の情報によりますと、カメルーンでコレラが拡大しています。2011年3月と4月の雨季の期間は週あたり平均120例の発生でした。9月に始まった雨季により再び症例数が増加しています。10月中旬までに週あたり400例以上となっています1)

国連の関係機関によると、中央アフリカ共和国では10月27日までに146例(うち17人死亡)2)、ケニアの難民キャンプでは11月15日までに合計60例(うち1人死亡)3)、ウガンダでは11月7日までに78例(うち7人死亡)4)の報告がありました。

アフリカへ渡航、滞在される方は、今後の情報に注意していただくとともに、以下の対策をとってください。

  • 飲料水や歯みがき、うがいの水にはミネラルウォーターを使うか、十分に沸騰させた水を使うこと。氷は食べないこと。
  • 食事は加熱され、あつい状態のものだけを食べること。
  • 食事の前、トイレの後には石けんと水で十分に手洗いすること。
  • 下痢になった場合、できるだけ早く医療機関で診療を受けること。
  • 下痢がはじまったら、以下の作り方で作った水を十分にとること。

感染症情報:食べ物・水にご注意を!

出典

1)relief web http://reliefweb.int/node/461783
2)relief web http://reliefweb.int/node/456291
3)relief web http://reliefweb.int/node/459222
4)relief web http://reliefweb.int/node/458070