2012年02月08日更新 アフリカでのコレラの流行状況です。

コレラは、下痢や嘔吐が生じるコレラ菌による病気です。重い下痢が起こることがあり、大量の水分が失われ、脱水から死亡する例もあります。
 
現地情報によりますと、アフリカの下記の国でコレラ症例が報告されています。
・アンゴラでは2012年1月時点で6州から338症例(うち26人死亡)の報告があり、Lunda Norte州が症例の82%と最も被害を受けています。

・中央アフリカでは2011年9月のアウトブレイク開始以降、300症例(うち19人死亡)が報告されています。(現在のところ状況は落ち着いてきているようです)

・チャドでは2011年、17,200症例(うち450人以上の死亡)が報告されました。(1996年以降最も多い報告数です)

・セネガルでは10確定症例の報告があります。

アフリカへ渡航、滞在される方は、今後の情報に注意していただくとともに、以下の対策をとってください。

  • 飲料水や歯みがき、うがいの水にはミネラルウォーターを使うか、十分に沸騰させた水を使うこと。氷は食べないこと。
  • 食事は加熱され、あつい状態のものだけを食べること。
  • 食事の前、トイレの後には石けんと水で十分に手洗いすること。
  • 下痢になった場合、できるだけ早く医療機関で診療を受けること。
  • 下痢がはじまったら、以下の作り方で作った水を十分にとること。


感染症情報: 食べ物・水にご注意を!

参考

・アンゴラ:http://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/Full_Report_3443.pdf
・中央アフリカ:http://reliefweb.int/node/474812
・チャド:http://reliefweb.int/node/473593(フランス語)
・セネガル:http://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/Full_Report_3340.pdf