• トップページ >
  •  新着情報 >
  •  インドネシア(バリ島)で新たな鳥インフルエンザの患者が報告されました。

2012年03月02日更新 インドネシア(バリ島)で新たな鳥インフルエンザの患者が報告されました。

2012年3月1日に公表されたWHOの情報によりますと、インドネシアで新たにインフルエンザA(H5N1)症例1例が報告されました。

患者は、バリ島バドゥン(Badung)県に住む12歳の男児です。2012年2月11日に発症し、2月16日に民間のクリニックに入院しましたが、患者の状態は悪化し続け、重篤な呼吸困難に陥りました。2月20日に鳥インフルエンザの対応ができる病院に転院しましたが、2月21日に死亡しました。

感染源調査によると、患者は家きんと接触していましたが、患者の家やその近所で死亡した家きんは見られませんでした。リスク要因は現在もなお調査中です。

インドネシアでは、2005年から現在までに186例の患者が確認され、そのうち154例が死亡しています。

現地にご滞在の際は、鳥がたくさんいる場所で鳥に直接触ったり、病気や死んだ鳥に近寄らないようにしましょう。

出典

Avian Influenza-situation in Indonesia-update
http://www.who.int/csr/don/2012_03_01/en/index.html