2012年03月05日更新 バングラデシュで新たな鳥インフルエンザの患者が報告されました。

2012年3月2日に公表されたWHOの情報によりますと、バングラデシュ人民共和国政府保健福祉省は、バグラデシュで4例目となる新たな鳥インフルエンザA(H5N1)に感染した患者1例を公表しました。

患者はダッカ市の40歳男性で、鳥市場監視システムの一部として2012年2月26日に発見されました。患者は咳をしていましたが、現在回復しています
疾病対策疫学研究所(IEDCR)と、バングラデシュ下痢性疾患研究国際センター(ICDDR,B)により確定診断されました。
IEDCRとICDDR,Bは共同して疫学的調査と監視を実施しています。

バグラデシュでは2008年にH5N1に感染した最初の患者が報告され、2011年には2例が報告されています。

現地にご滞在の際は、鳥がたくさんいる場所で鳥に直接触ったり、病気や死んだ鳥に近寄らないようにしましょう。

出典

WHO(GAR)Avian influenza – situation in Bangladesh
http://www.who.int/csr/don/2012_03_02/en/index.html