• トップページ >
  •  新着情報 >
  •  米国で発生している変異型のインフルエンザA型(H3N2)ウイルスについて(更新2)

2012年08月13日更新 米国で発生している変異型のインフルエンザA型(H3N2)ウイルスについて(更新2)

 2011年8月以降、米国では変異型のインフルエンザA型ウイルスに感染した患者が確認されており、主に、H3N2の変異型ウイルス(H3N2v)に感染していました。調査の結果、豚に接触した後に感染したほか、限定的な人‐人感染によって感染したことがわかっています。人‐人感染が持続的に起こっている証拠はありませんが、インフルエンザウイルスは変異をして、広範囲に広がる可能性があります。これまでのところ、このウイルスに関連した病気の重症度は季節性インフルエンザと同じです。成人はこのウイルスに対して既に免疫を持っているかもしれませんが、小児には免疫がありません。

 2012年8月10日に公表されたCDCの情報によりますと、2011年8月以降、米国でのH3N2vの感染者数は166人です。

州別のH3N2v報告数      2011年の感染者数 2012年の感染者数
ハワイ              1
インディアナ            2          120
イリノイ              1
アイオワ            3  
メイン                              2  
オハイオ             31
ペンシルバニア                              3  
ユタ              1*
ウエストバージニア                              2  
合計                            12         154

          *ユタ州の感染者は2012年4月に発生しており、最近の感染者ではありません。

 季節性インフルエンザの予防と同様に、いつも、手洗いや咳エチケットなどの衛生習慣を実行することが重要です。小児、妊婦、65歳以上の高齢者、持病などによってからだの抵抗力が落ちている人は、動物が周囲にいる時には、特に注意が必要です。病気のようにみえる動物や病気の動物との濃厚接触は、できるだけ避けてください。また、インフルエンザのような症状がある人は、豚との接触を避けてください。

出典

CDC Information on Influenza A(H3N2) Variant Viruses (“H3N2v”)(2012年8月10日更新)
 http://www.cdc.gov/flu/swineflu/influenza-variant-viruses-h3n2v.htm

参考

<FORTH 最新ニュース>

米国で発見された変異型のインフルエンザA型(H3N2)ウイルスについて(更新3)
 http://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2012/08131022.html

米国で発見された変異型のインフルエンザA型(H3N2)ウイルスについて(更新2)
 http://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2012/08101410.html

米国で発見された変異型のインフルエンザA型(H3N2)ウイルスについて(更新1)
 http://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2012/08061321.html

米国インディアナ州の農産物・家畜品評会で発生したインフルエンザA型(H3N2)ウイルスの集団感染 2012年7月
 http://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2012/07271459.html

米国で発見された変異型のインフルエンザA型(H3N2)ウイルスについて
 http://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2012/07261538.html

<FORTH 新着情報>

米国で発生している変異型のインフルエンザA型(H3N2)ウイルスについて(更新1)
http://www.forth.go.jp/topics/2012/08101319.html

米国で発生している変異型のインフルエンザA型(H3N2)ウイルスについて
 http://www.forth.go.jp/topics/2012/08061320.html