2013年02月12日更新 エジプトで、環境中の検体からポリオウイルスが検出されました

 ポリオ(急性灰白髄炎)は、ポリオウイルスによって急性の麻痺が起こる病気です。ウイルスが人の口の中に入って、腸の中で増えることで感染します。

 2月11日付で世界保健機関(WHO)から公表された情報によりますと、エジプトの大カイロ都市圏の2か所の地域で、昨年12月2日と6日に採取された汚水検体から、野生株のポリオウイルス1型が分離されました。ウイルスは、汚水の中からのみ検出され、麻痺型ポリオの症例は、報告されていません。遺伝子解析の結果、ウイルスの系統はパキスタンのシンド(Sindh)州北部由来のウイルスに密接に関連していることが示されています。パキスタンは、国内で野生株のポリオウイルスの伝播が続いている3か国のうちの1か国です(他の2か国はナイジェリアとアフガニスタンです)。エジプトでは、複数の場所から定期的に汚水を採取して検査することを含む環境のサーベイランスが行われており、このサーベイランスでウイルスが検出されました。

 野生株ポリオウイルスが検出された後、エジプト政府は、世界保健総会決議(Resolution WHA59.1)によって発行された国際的な発生反応ガイドラインに沿って、広範囲にわたる対応を行っています。2月2日から6日にかけて、環境検体が採取されたカイロの2か所の地域で追加の予防接種が行われ、3価経口ポリオワクチンの予防接種を受けた小児は155,000人を超えました。また、3月上旬には、カイロの全域で、300万人の小児を対象とした1価経口ポリオワクチン(1型)による追加の予防接種が計画されています。さらに、4月には、全国で1200万人の小児を対象に3価経口ポリオワクチンによる追加の予防接種が計画されています。疫学者と公衆衛生の専門家で構成される国内外の共同チームが調査、対応活動の策定、麻痺型ポリオ患者の積極的な調査を支援しています。

 この事例によって、根絶を目指している病原体が国際的に広がり続けていることが確認されました。昨年5月、世界保健総会決議(Resolution WHA65.5)によって、ポリオの根絶を達成することは世界的な公衆衛生上の緊急事態であると宣言されました。過去にはエジプトで輸入例が報告された歴史があることや、現在進められている対応に基づいて、WHOはエジプト由来のウイルス系統が国際的に広がるリスクは中程度であり、パキスタンから国際的に広がるリスクは高いと評価しています。2011年には、パキスタン由来の野生株ポリオウイルスが中国にまで広がり、西部の新疆ウイグル自治区で集団発生が起こり、21人の患者が発生しました。

 新たなポリオウイルスの輸入を迅速に検出し、速やかに対応するために、すべての国(特にポリオウイルスの感染が起こっている国と頻繁に往来がある国)で急性弛緩性麻痺のサーベイランスを強化することが重要です。また、追加の予防接種が必要な地域間格差を確認するために、定期の予防接種の接種率も分析すべきです。これによって、新たなウイルスの輸入が最小限になります。輸入の危険性が高い地域と、3回の経口ポリオワクチンと3回の3種混合(ジフテリア、百日せき・破傷風)ワクチンの接種率が80%未満の地域を優先すべきです。

 エジプトは、2004年5月を最後に、国内での野生株ポリオウイルスの伝播はありません。陽性になった環境検体が採取されたのは昨年12月でした。その前に環境検体で野生株ポリオウイルスが陽性になったのは2010年12月で、スーダン由来のウイルスに関連していました。

出典

Poliovirus detected from environmental samples in Egypt
http://www.who.int/csr/don/2013_02_11/en/index.html