2013年05月14日更新 ソマリアでポリオの患者が発生しました

 ポリオ(急性灰白髄炎)は、ポリオウイルスによって急性の麻痺が起こる病気です。ウイルスが人の口の中に入って、腸の中で増えることで感染します。

 5月11日付で世界保健機関(WHO)から公表された情報によりますと、ソマリアのバナディール(Banadir)州で野生株ポリオウイルス1型が検出されたとされる暫定報告を受け、調査が行われました。ソマリアで野生株ポリオウイルスが検出されたのは、2007年3月25日以降、初めてのことです。4月18日に急性弛緩性麻痺(だらんとした麻痺)を発症した32か月の女児と、その濃厚接触者3人から、4月21日に検体が採取され、その検体からウイルスが分離されました。

 現地に調査チームが設置され、ウイルスの起源を確認するために、遺伝子解析が進められています。この調査の暫定的な結果は可能な限り速やかに報告される予定です。

 2009年以降、ソマリアの中部と南部の広い地域で予防接種活動が実施されていないので、野生株ポリオウイルスの伝播が確認されることは、国内外の公衆衛生上、深刻なリスクです。 

 ソマリア全域と、ソマリアに接するケニア北部及びエチオピア東部に対し、すべての医療機関で急性弛緩性麻痺やポリオが疑われる患者を積極的に調査する必要性を強調したサーベイランス警報が出されました。WHOのアフリカ地域及び東地中海地域にあるすべての加盟国は、ポリオウイルスに対するサーベイランスを強化するよう推奨されています。

 即時の対応として、バナディール州の全16地区に住む35万人を超える5歳未満の小児を対象とした経口ポリオワクチンによる予防接種が、5月14日から16日にかけて計画されています。ソマリア全域を対象とした経口ポリオワクチン接種を含む、更なる対応については議論が進められています。

 WHOの国際旅行と健康(International travel and health)では、ポリオの患者が発生している国から海外に渡航する人や、患者が発生している国に入国する人に対し、既定回数のポリオの予防接種を受けるよう推奨しています。

FORTH 感染症情報: ポリオ(急性灰白髄炎)

出典

WHO(GAR):Wild poliovirus in Somalia
http://www.who.int/csr/don/2013_05_11/en/index.html