• トップページ >
  •  新着情報 >
  •  アフリカの角(つの)地域でポリオ(野生型ポリオウイルス)が発生しています

2013年05月23日更新 アフリカの角(つの)地域でポリオ(野生型ポリオウイルス)が発生しています

 ポリオ(急性灰白髄炎)は、ポリオウイルスによって急性の麻痺が起こる病気です。ウイルスが人の口の中に入って、腸の中で増えることで感染します。

 5月22日付で世界保健機関(WHO)から公表された情報によりますと、アフリカの角(つの)地域では現在、野生型ポリオウイルス1型(WPV1)の流行が起こっています。2013年4月30日ケニアのダダーブ近くで4ヶ月の女児が急性弛緩性麻痺(AFP)を発症しました。この児と接触のあった健康な2名でWPV1が陽性になりました。ケニアでは2011年7月以来、検査で確定された初めての症例です。この発生に関して調査が継続されています。さらに2013年5月9日に、ソマリアのバナディールでWPV1の症例が確認されました。

 ソマリアでは、この発生を受けて440,000人の小児を対象にした初めてのワクチンキャンペーンが2013年5月14日に開始され、2回目のワクチン接種がケニアの発生地域と同調し2013年5月26日に計画されています。

 アフリカの角地域では大規模な人口の集団移動が見られ、またいくつかの地域では持続的なワクチン未接種があるため、隣接する国々のリスクは非常に高いと考えられます。ダダーブには大きな難民キャンプがあり、アフリカの角全域からの難民500,000人近くが住んでいます。

 アフリカの角地域の全ての国に対し、ポリオサーベイランスを強化するよう警報が発出され、疑い症例の積極的な調査の必要性が強調されています。全ての国は地方レベルのサーベイランスギャップを迅速に検出し、そのギャップを補填する措置を講ずるよう要請されます。

 2005年に、ポリオはアフリカ大陸から東へ拡大し、イエメンに入り、アフリカの角地域へ広がり700例以上の患者が発生しました。それ以後、発生への国際的対応が取られ、また新しい単価、2価の経口ポリオ生ワクチンが開発され、ポリオ流行は深刻さと期間を著しく減ずることができました。

 ソマリアのある地域(南部-中央)ではワクチン由来ポリオウイルス2型(cVDPV2) による患者発生も見られ、2009年以来ソマリアでは18名の患者が出ています。2012年にはこの株がダダーブへ拡がり3名の患者が発生しました。

 WHO国際渡航と健康(ITH)は、ポリオ感染地域へ出かける渡航者全て、感染地域からの渡航者全てに対しポリオワクチンの確実な接種を推奨します。

 FORTH  感染症情報: ポリオ(急性灰白髄炎)

出典

WHO(GAR):Wild poliovirus in the Horn of Africa
http://www.who.int/csr/don/2013_05_22/en/index.html

参考

FORTH 新着情報
ソマリアでポリオの患者が発生しました (2013年5月14日)
http://www.forth.go.jp/topics/2013/05231147.html