• トップページ >
  •  新着情報 >
  •  イスラエルで、環境中の検体からポリオウイルスが検出されました (更新2)

2013年08月16日更新 イスラエルで、環境中の検体からポリオウイルスが検出されました (更新2)

 ポリオ(急性灰白髄炎)は、ポリオウイルスによって急性の麻痺が起こる病気です。ウイルスが人の口の中に入って、腸の中で増えることで感染します。

 8月15日付で世界保健機関(WHO)から公表された情報によりますと、WHOは、野生株ポリオウイルスがイスラエルから国際的に広がるリスクを依然として中程度から高度と評価しています。このリスク評価は、ウイルスの伝播が長期間にわたり、地理的にも広がっていることを反映しています。

 野生株ポリオウイルス1型は、今年2月3日から8月4日に採取された汚水の67検体中24検体から検出されました。当初は南部に限局していましたが、現在は中部でも検出されています。便検体の調査が行われており、予防接種を受けている健康な小児27人(9歳未満)と成人1人の便からも野生株ポリオウイルス1型が検出されました。麻痺型ポリオの症例は報告されていません。公衆衛生当局は、通常の急性弛緩性麻痺(だらんとした麻痺)のサーベイランスの対象を全年齢層に広げ、エンテロウイルスのサーベイランスを強化し、ポリオによる無菌性髄膜炎のスクリーニングを行っています。

 イスラエル南部では、8月5日からの1週間に2価経口ポリオワクチンの追加予防接種が始まりました。8月18日からは、イスラエル全国で、9歳以下の小児に対する追加予防接種が計画されています。経口ポリオワクチンの追加予防接種の目的は、速やかにウイルスの循環を断つために、小児における粘膜免疫の水準を上げることです。

 新たなポリオウイルスの輸入を迅速に検出し、速やかに対応するために、すべての国(特にポリオウイルスの感染が起こっている国と頻繁に往来がある国)で急性弛緩性麻痺のサーベイランスを強化し、迅速に対応することが重要です。また、追加の予防接種が必要な地域間格差を確認するために、定期の予防接種の接種率も分析すべきであり、これによって、新たなウイルスの輸入が最小限になります。輸入される危険性が高い地域と、3回の経口ポリオワクチンと3種混合(ジフテリア、百日せき・破傷風)ワクチンの接種率が80%未満の地域を優先すべきです。

 WHOの国際渡航と健康(International Travel and Health)は、ポリオの発生地域に行くすべての渡航者と、発生地域から出るすべての渡航者に対し、ポリオワクチンを規定の回数分接種することを推奨します。野生株ポリオウイルスの常在国は、ナイジェリア、パキスタン、アフガニスタンの3か国です。また、今年、アフリカの角(つの)地域で野生株ポリオウイルス1型の集団感染が発生しています。

 ● FORTH感染症情報 : ポリオ(急性灰白髄炎)

出典

WHO(GAR):Poliovirus detected from environmental samples in Israel - update
http://www.who.int/csr/don/2013_08_15/en/index.html

参考

FORTH 新着情報
イスラエルで、環境中の検体からポリオウイルスが検出されました (更新1) (2013年7月16日)
http://www.forth.go.jp/topics/2013/07161428.html