2013年10月02日更新 アフリカの角(つの)地域でポリオが発生しています (更新1)

 ポリオ(急性灰白髄炎)は、ポリオウイルスによって急性の麻痺が起こる病気です。ウイルスが人の口の中に入って、腸の中で増えることで感染します。

 10月1日付で世界保健機関(WHO)から公表された情報によりますと、南スーダンで、野生株ポリオウイルス1型に感染したと疑われる3人の患者の調査が行われています。3人の患者はいずれも女児で、2人は2歳前後、1人は8歳です。3人とも、過去に経口ポリオワクチンの接種を受けています。

 患者のうち2人は、スーダンと国境を接している北バハル・アル・ガザール(North Bahr El Gazal)州で発生し、1人は、ケニアとウガンダに国境を接している東エクアトリア(Eastern Equatoria)州で発生しました。患者は、今年8月15日から24日の間に麻痺を発症しました。分離されたウイルスの起源を決定するために、検査結果の最終確定を行う遺伝子解析が行われています。

 現在、アフリカの角(つの)地域では野生株ポリオウイルス1型の集団感染が起こっており、ソマリアで191人、ケニアで14人、エチオピアで3人の患者が発生しています。過去に、アフリカの角地域においてポリオの感染経路が拡大したので、南スーダンは再感染のリスクが高いと考えられます。南スーダンでは、今年の3月と4月の2回、全国の予防接種日(National Immunization Days; NIDs)が設定されました。さらに、今年11月と12月にもNIDs を設定する予定です。また、今年8月には、地域別の予防接種日(Subnational Immunization Days; SNIDs)が設定されました。

 現在、感染地域周辺における速やかな追加の予防接種活動を含む、集団発生への緊急対応計画が取りまとめられています。

 地域の当局の更なる患者調査、集団感染に適切に対応するための計画、感染の可能性のある患者への積極的な調査の強化を支援するために、国際的な専門家チームが南スーダンに派遣されました。

 近隣のスーダンとウガンダにおいても、全人口の免疫の水準を決定するために、予防接種の接種率が評価されています。必要に応じて、確認された免疫水準の較差を是正するために、追加の予防接種活動が行われる予定です。ウガンダでは、今年の7月と9月にSNIDs が設定されました。また、今年10月にもSNIDsが設定され、今年12月にはNIDs が設定される予定です。スーダンでは、今年11月と12月にNIDsが設定される予定です。ソマリア、ケニア、エチオピアにおける集団感染は続いています。

 新たなポリオウイルスの輸入を迅速に検出し、速やかに対応するために、ポリオが常在しないすべての国(特にポリオウイルスの感染が起こっている国・地域と頻繁に往来がある国)で急性弛緩性麻痺のサーベイランスを強化することが重要です。また、国・地域では、新たなウイルスの輸入を最小限にするために、地区レベルにおける定期の予防接種の接種率を一律に高い水準に保つべきです。

 WHOは、アフリカ地域事務局と東地中海地域事務局を通じて、この地域全体において、国の集団感染に対する緊急対応活動計画の策定と実施を支援し続けています。

 WHOの「国際渡航と健康(International Travel and Health)」は、ポリオの発生地域に行くすべての渡航者と、発生地域から出るすべての渡航者に対し、ポリオワクチンを規定の回数分接種することを推奨します。

 ● 感染症情報 : ポリオ(急性灰白髄炎)

出典

WHO(GAR):Wild poliovirus in the Horn of Africa –update
http://www.who.int/csr/don/2013_10_01/en/index.html

参考

FORTH 新着情報 
アフリカの角(つの)地域でポリオ(野生型ポリオウイルス)が発生しています (2013年5月23日)
http://www.forth.go.jp/topics/2013/05231152.html