2014年01月10日更新 鳥インフルエンザA(H5N1)の発生状況について

 1月9日付けで公表された世界保健機関(WHO)の情報によりますと、WHOはカナダから鳥インフルエンザA(H5N1)に感染したと確定診断された患者が1人発生したとの報告を受けました。この患者は、生来健康な成人で、2013年12月27日に発症し、2014年1月3日に死亡しました。

 この患者は2013年12月6日から27日まで中国を訪れ、12月27日に帰国しました。渡航中に倦怠感(だるさ)や熱感がありました。旅行では、同行者が1名いましたが、この同行者は健康です。

 検査はアルバータ州の検査施設で行われ、カナダの国立微生物研究所(National Microbiology Laboratory)で確定されました。

 この患者は、家きんやその他の動物との接触歴はなく、病気になった人との接触もありませんでした。

 家族や医療従事者を含む濃厚接触者は経過観察され、抗ウイルス薬の暴露後予防投与を受けています。これまでのところ、すべての濃厚接触者は無症状です。航空機の乗客の追跡調査も行われています。

 この患者は、カナダで初めて鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスに感染した患者であり、アメリカ地域でも初めての事例です。

 世界では、これまでに、鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスに感染したと確定診断された患者は、649人が報告されています。このうち385人が死亡しています。

 WHOは、この事例に関して、入国時の特別なスクリーニングおよび渡航や貿易を制限することを推奨していません。 

 患者が発生している地域に滞在する方は、鳥がたくさんいる場所で鳥に直接触ったり、病気の鳥や死んだ鳥に近寄ったりしないようにしましょう。

出典

WHO Global Alert and Response
Human infection with avian influenza A(H5N1) virus – update
http://www.who.int/csr/don/2014_01_09_h5n1/en/index.html