2015年09月15日更新 チクングニア熱の発生-セネガル

 2015年9月14日に公表された世界保健機関(WHO)からの情報によりますと、9月9日にセネガルの保健・社会省(MOHSA)はKédougou(ケドゥグ)州でチクングニア・ウイルスの流行が活発になっていることをWHOに報告しました。流行は2015年8月27日に始まりました。疑い患者14人から検体が採取され、検査確認のためにダカールのパスツール研究所に送られました。そのうち、10本の検体からチクングニア・ウイルスに陽性の結果が出ました。9月8現在、チクングニア確定患者10人が報告されました。この地域において、最近では2009年から2010年にかけて活発な流行の発生が報告されています。

公衆衛生上の対応
 MOHSAは、2015年9月7日に毎週の定例会議の中で発生状況を報告しました。会議では、感染対策に関係するさまざまなチームや部門に、技術的な指示が出されました。感染対策全体の調整は、WHOと加盟国の支援を得て、MOHSAの予防担当部門が主導しています。

 この公衆衛生上の事象に対する公式の宣言は、MOHSAから報道発表されました。実施されている感染制御の活動には、患者管理、全国の健康センターに向けた病気への対処方法の資料配布および疫学調査活動の強化があります。地域での社会活動が、感染が流行した地域とその他のすべての地域で進められています。さまざまな学問領域で構成される専門家チームの派遣が準備されています。そのチームは、血清、昆虫、疫学の調査を行い、調査活動と媒介昆虫の制御活動への技術支援を行います。

WHOからのアドバイス
 WHOは、蚊に刺されることからの保護対策、主要な蚊の繁殖地を標的とする感染制御の活動、誤解やデマを避けるための地域ベースでの調査活動や社会活動を推奨しています。

 WHOは、チクングニア・ウイルスの現在の活発な流行状況に関して入手できた情報に基づいて、セネガルへの貿易や旅行に対する如何なる制限も推奨していません。

背景
 チクングニアは、感染した蚊を介して人に感染伝播するウイルス性疾患です。この病気は、発熱および激しい関節痛を引き起こします。その他の症状には、筋肉痛、頭痛、吐気、疲労および発疹があります。関節痛は、しばしば体力を消耗させます。その有痛期間はさまざまです。この病気は、いくつかの臨床症状がデング熱と重なるため、デング熱が常在する地域では、誤診されることがあります。この病気の根本的な治療法はありません。治療は、症状の緩和に対して行われます。蚊の繁殖地が人の住近くにあることは、チクングニアに対する重大な危険因子です。この病気は、アフリカ、アジア、ラテンアメリカ、インド亜大陸で発生しています。セネガルでは2009年に、この病気が流行しました。

感染症情報:チクングニア熱

出典

WHO. Disease outbreak news. 14 September 2015
Chikungunya - Senegal.
http://www.who.int/csr/don/14-september-2015-chikungunya/en/