2017年04月03日更新 リンパ系フィラリア症の撲滅-マーシャル諸島

 3月30日付けで公表されWHOの情報によりますと、マーシャル諸島で公衆衛生上の問題としてリンパ系フィラリア症が撲滅されたことが、WHOにより認定されました。この国はWHO西太平洋地域事務局により撲滅が認められた6か国(カンボジア、中国、クック諸島、ニウエ、韓国、バヌアツ)に続き、最も新しい国として加わりました。2016年には、東南アジア地域でも、モルジブとスリランカからこの病気が撲滅されたことが認められています。マーシャル諸島での(撲滅の)成功は、この目標の達成を目指している66か国に向けて、撲滅の達成が公衆衛生上において達成可能な問題であることを示す新たな必須事例として重要のメッセージとなります。

情報の詳細

 3月30日に、WHOはマーシャル諸島に対し、公衆衛生上の問題として、象皮症としても知られるリンパ系フィラリア症が撲滅されたことを認定しました。

 リンパ系フィラリア症は、蚊によって媒介され、リンパ系組織に障害を起こし、著しい身体の変形や疼痛、身体障害などをもたらします。この病気を発症した人々は、身体の変形による障害や関係する偏見から、しばしば生活力が奪われ、抑うつや不安などの精神的な障害にも苦しみます。

 「リンパ系フィラリア症は悲惨な病気です。それは発症した人々に対し言い知れない苦しみをもたらすからです。私は、この病気が公衆衛生上の問題としてマーシャル諸島より撲滅されたことを、心から祝福します。このことは、ここに住む人々の健康維持において重要であり、とても大きな目標の達成です。」と、WHO西太平洋地域事務局Shin Young-Soo博士は述べています。

 マーシャル諸島は、「世界からリンパ系フィラリア症を撲滅する計画2000」が開始された後に、WHO西太平洋地域で撲滅の目標達成が証明された6か国(カンボジア、中国、クック諸島、ニウエ、韓国、バヌアツ)に加わることになります。

 リンパ系フィラリア症は、WHOから顧みられない熱帯病(NTD)として分類されています。顧みられない熱帯病(NTD)とは、熱帯や亜熱帯地域で最も貧しい生活を送る人々に拡がる一群の伝染性疾患のことです。NTDは重篤な病態をもたらし、ときに、死に至らせます。しかし、これらは予防できる病気です。地域社会での予防対策、強力な患者の管理、媒介昆虫の駆除、人に感染性をもつ動物へのワクチン接種を使った感染制御、清潔で安全な飲料水の供給、下水道を含めた衛生環境の整備など、一連の公衆衛生上の戦略を通して、これらのNTDは制御が可能となり、ときには撲滅することもできます。

 WHO西太平洋地域では、リンパ系フィラリア症が未だに常在する17の国と地域で戦いが続けられており、この地域でWHOが活動する優先順位の重要な位置を占めています。

 「世界からリンパ系フィラリア症を撲滅する計画の開始された後、これらの国々と地域の多くは撲滅を目指して歩みを続けています。WHOは、大規模な薬剤の服薬キャンペーンを支援し、有効な医薬品や診断検査の利用環境を向上させるために、直接、各国や支援組織と協力ながら活動しています。これらの取り組みは、マーシャル諸島のように、より多くの国々がリンパ系フィラリア症の撲滅への基準に近づくための恩恵をもたらしています。

 「マーシャル諸島は、遠く離れた島々に住む多くの人々に(取り組みを)到達させるためには大きな地理的な課題があるにもかかわらず、責任ある行動と創造性を持ち、それを成し遂げることができました。WHOは、加盟国がリンパフィラリア症による惨劇をこの地域から取り除くための支援を約束し、その結果、誰もがこの恐ろしい病気に苦しむことをないことを目指していきます。」とShin博士は結んでいます。

リンパ系フィラリア症の参考情報

・リンパ系フィラリア症は、リンパ系組織に障害を起こし、身体の一部に異常な腫脹をもたらし、疼痛や身体障害、社会的偏見などを引き起します。
・世界では、54か国で約9億4,700万人がリンパフィラリア症の脅威に曝されています。この寄生虫からの感染の拡がりを阻止するには、予防的化学療法が必要となります。
・2000年には、1億2,000万人を超える人々が感染し、約4,000万人が(身体の)変形や機能不全に陥りました。
・リンパ系フィラリア症は、少なくとも5年間にわたり、毎年、安全に組み合わされた薬剤を服用する予防的化学療法を行うことで、感染の拡がりを阻止し、撲滅することができます。2000年以降、感染の拡大を防ぐために、延べ62億人に治療が行われました。
・WHOの戦略の実施が成功したことで、約3億5,100万の人々が予防的化学療法を必要としなくなりました。
・医療支援として推奨される基本パッケージで、リンパフィラリア症がもたらす病気とともに暮らす人々から苦痛を和らげ、さらなる障害を防ぐことができます。

参考

WPRO/WHO. Media release. 30 March 2017
Republic of the Marshall Islands eliminates lymphatic filariasis as a public health problem
http://www.wpro.who.int/mediacentre/releases/2017/20170330/en/

WHO. Neglected tropical diseases, Programmes. 30 March 2017
Marshall Islanders triumph against lymphatic filariasis
http://www.who.int/neglected_diseases/news/Marshall_Islanders_triumph_against_lymphatic_filariasis/en/