2017年08月31日更新 黄熱の発生-フランス領ギアナ

 2017年8月30日にWHO(世界保健機関)から公表された情報によりますと、フランスの国際保健規則(IHR)国家担当者から、フランス領ギアナで、死に至った黄熱確定患者1人がWHOに報告されました。

情報の詳細

 2017年8月22日までに、フランスの国際保健規則(IHR)国家担当者は、フランス領ギアナで、死に至った黄熱患者が確認されたことを報告しました。患者は、43歳のブラジル人女性で、ワクチン接種の状態は分かっていません。

 患者は、2017年8月7日にCayenne病院に入院し、8月9日に劇症肝炎のために死亡しました。彼女は、国の北中部にあるSt. Elie近郊の金鉱山を訪れていたようです。患者の旅行行程を確認するために、現在も、調査が続けられています。

 2017年8月21日に、患者は、アルボウイルスを研究している国立中央センター・Pasteur Cayenne研究所でのRT-PCR法検査で確認されました。これは、1998年以降、この領地で診断が確定された初めての患者です。

 フランス領ギアナには、黄熱は常在していると考えられています。(そのため)国内では黄熱ワクチンが接種されており、全体の予防接種率は良好です。それでも、秘かに暮らす、不法労働者のような特殊な住民層では、(接種率が)低い可能性があります。そのため、合法、違法ともに、金鉱山の地域では、未接種者への予防接種が実施されることになっています。

公衆衛生上の取り組み

 フランス領ギニア保健当局は、いくつもの公衆衛生上の対策を実施しています。
・初動調査が実施され、さらに調査が進められています。

・患者が訪れた特定の地域では、媒介する蚊の駆除が実施されています。対象地域には、CayenneとKourouの医療保健施設、Saint Elie周辺の地域、そしてBas-Oyapock川の地域が含まれています。
・合法、違法ともに、金鉱山の地域では、ワクチン接種の対象となる労働者への接種の実施可能性が検討されています。
・フランス領ギアナでは、この地域で暮らす人々を含め、黄熱の予防対策に関する情報共有と情報発信が広められています。

WHOのリスク・アセスメント

 黄熱は、急速に広がり、免疫を持っていない人々には深刻な公衆衛生上の影響をもたらす可能性のある急性のウイルス性出血熱です。予防接種は、感染を防ぐ最も重要な手段です。

 フランス領ギアナは、黄熱の感染伝播のリスクがあると考えられています。1歳以上の旅行者には、黄熱予防接種証明書が要求されています。フランス領ギアナの予防接種の接種率は適正ですが、鉱山地域で秘かに暮らす労働者など、一部の人々での接種率は適正とまではいえません。そのため、黄熱への感染のリスクがあります。

 感染の正確な場所は調査中ですが、地図上で感染の可能性が最も高い領域は、フランス領ギアナとブラジルとの国境付近にあるとみられています。

 現段階における予備的データによれば、この患者は、2017年1月以降にブラジルから報告された森林型黄熱とは疫学的に関連していません。今回の感染発生と黄熱ウイルスの変異との間に潜む関係について理解するために、他の国の黄熱ウイルスの遺伝子配列とその比較が、必要とされます。疫学的な発生状況や初期段階の公衆衛生上の取り組みに関して現段階で入手できている情報に基づけば、大規模な流行や国際的な感染拡大の可能性が存在はしますが、限られており、予防接種によって(これを)さらに低下させることができます。

WHOのアドバイス

 南米で黄熱の感染伝播のリスクがある地域を訪れようとする旅行者へのアドバイスとして、次のことが述べられています。
・旅行の少なくとも10日前に、黄熱に対する予防接種を受ける必要があります。黄熱ワクチンは、単回投与で、十分に、黄熱に対する免疫を持続し、生涯にわたり感染から保護してくれます。ワクチンの追加投与は必要ありません。
・蚊刺しを避けるための対策の確認が必要です。
・通常感染における黄熱の一般的な自覚症状および他覚所見を知っておくことが必要です。
・黄熱の感染伝播のリスクがある地域の旅行中や帰国したときには、速やかに医療施設を受診することが必要です。特に、地域での感染伝播サイクルの確立が可能な国(すなわち、媒介能力のある蚊が生息する地域)では、それが必要となります。

 この患者報告は、黄熱の予防接種に対する意識を(高く)維持しておくことが重要なことを明示しています。特に、黄熱の感染伝播に好条件の生態系がある地域では、それが当てはまります。

 旅行の少なくとも10日前にワクチン接種を実施することで、予防接種により黄熱を容易に予防することができます。黄熱ワクチンは単回投与で、十分に、黄熱に対する免疫を持続し、生涯にわたり感染から保護してくれます。ワクチンの追加投与は必要ありません。

 したがって、WHOは、ウイルスが潜在的に常在するすべての地域を訪れる旅行者に対する予防接種の状況管理を強化することを、加盟国に要請しています。ウイルスを保ったまま帰国した旅行者は、媒介能力のある蚊が生息する地域では、黄熱の感染伝播のサイクルを地域で確立させるリスクを伴う可能性があります。予防接種を受けることができない医学的な根拠がある場合には、担当当局から証明を受けなければなりません。

 WHOは、この事例で入手できている情報に基づく限り、フランス領ギアナにおいて、一般旅行者や貿易に関する如何なる制限を採用することも推奨していません。

出典

WHO. Disease outbreak news, Emergencies preparedness, response. 30 August 2017
Yellow fever - France - French Guiana
http://www.who.int/csr/don/30-august-2017-yellow-fever-french-guiana/en/