2017年10月04日更新 コレラへの新たな取り組みの始まり-WHO

 2017年10月4日に、コレラに対する新たな取り組みが始まります。このロード・マップ(工程表)では、2030年までにコレラによる死亡者を90%減らすための戦略が掲げられています。

記事の詳細

 コレラの感染制御のための世界対策・専門会議(the Global Task Force on Cholera Control、GTFCC)によって、明日10月4日から、2030年までにコレラによる死亡者を90%減らすという大志を秘めた新しい戦略が始まります。この会議には、50を超える国連と国際機関、研究施設、コレラの発生する国を支援するNGOなど、さまざまな組織が集結しています。

 コレラは、毎年、推定で95,000人を死亡させ、290万人に感染を発生させています。地域社会を護り、感染伝播を防ぎ、感染の発生を制御するには、緊急対応が必要となります。

 GTFCCの新しい計画では、コレラを終息させます。2030年に向けた世界のロード・マップでは、毎年、コレラの発生が予想できる地域、即ち、(コレラが)常在する感染の激しい地域で、コレラが拡がっていることを認めています。

 世界のロード・マップでは、人的・物的資源を結集させ、最高の取り組みを分かち合い、感染の発生する国々、資金の提供者、国際機関の間での協力体制を強化することが目的とされています。コレラを感染制御するには、感染の早期発見と対策のための地域レベルでの計画を含め、協調して取り組むことの必要性が強調されます。

 ロード・マップを実行することによって2030年までに、感染の発生している国のうち最大20か国で、コレラを撲滅できるはずです。

 「WHOが、コレラによる死を食い止めようとする、この新しい歩みを共に踏み出すための役割をもっていることを誇りに思います。この病気は、最も貧しい者、(あらゆる面で)最も弱い者に大きな負担をもたらします。これは、全く受け入れがたいことです。このロード・マップは、我々が終息させなければならないコレラに対する最善の方法です。」と、WHO事務総長Tedros Adhanom Ghebreyesus博士は述べています。

 「ロード・マップで述べられているように、コレラによるすべての(人々の)死は、経口コレラ・ワクチンの使用、基本となる安全な飲み水、上下水道を含む衛生設備の利用環境を向上させるなど、現在利用できる手段で防ぐことができます。」「これは最も貧しい人々、(あらゆる面で)最も弱い者に発生する不平等な病気です。21世紀もほぼ20年が経ち、コレラが生活を破壊して、経済を麻痺させ続けることは、受け入れがたいことです。我々は、共に立ち上がらなければなりません。そして、我々は今すぐに行動しなければなりません。」とも、WHO事務総長Tedros Adhanom Ghebreyesus博士は述べました。

 WASH(健康/水と衛生の環境を整備する)活動の進展は、ヨーロッパと北アメリカで数十年間もコレラから解放しました。今日、WASHの利用環境の向上は国連による基本的な人権として認められていますが、まだ、世界では20億人を超える人々に安全な飲み水への利用環境が欠如しており、潜在的なコレラ発生のリスクに曝されています。弱い医療制度の基盤や早期発見の能力の欠如は、感染発生の急速な拡がりの原因となります。

 コレラは、紛争、生活基盤の不足、医療体制の弱さ、栄養失調などが重荷となっている地域社会に歪に打撃を与えます。コレラを打ち負かす前に、これらの地域社会(の生活)を護ることの方が、絶え間なく感染の発生に対処するよりも高い費用対効果を与えます。

 経口コレラ・ワクチンの導入はコレラの感染を制御する戦いにおいて、そして、緊急対策とより長期の感染対策の間の溝を埋めることにおいて、画期的なものとなりました。現在、WHOが認可する2種類の経口コレラ・ワクチンを利用できます。しかも、予防接種を受けるには1人あたりたったの6米ドルで十分です。これらのワクチンは、最大3年間は、人々をこの病気から護ることができます。

 世界のロード・マップは、国と資金支援者と技術支援組織が協調しての取り組むことに効果のある体制作りを提供しています。国レベルで感染の発生を早期に発見し、対応するための計画が求められるコレラの感染制御には多岐にわたる領域からの方策が必要になることが強調されています。

 感染の激しい地域でWASH(健康/水と衛生の環境を整備する)活動への取り組みを強化することで、コレラの流行は防ぐことができます。コレラの発生を早期に発見し、直ちに対応すれば、危機的状況にあるイエメンで見られるような大規模な制御不能の流行でさえも、避けることができます。

出典

WHO. News release, Media centre. 3 October 2017
Partners commit to reduce cholera deaths by 90% by 2030
http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2017/partners-reduce-cholera/en/