2017年10月19日更新 ペストの発生報告 - セーシェル諸島(更新)

 2017年10月18日に公表されたWHOからの情報によりますと、マダガスカルでのペスト発生に関連して、セーシェル諸島ペストが疑われていた患者からの検体は、フランス・パリのWHO共同検査施設で検査したところ陰性であったことが、10月17日に発表されました。

記事の詳細

 セーシェル諸島政府・保健省とWHOは、マダガスカルから帰国し肺ペスト様の症状を発症し、感染の可能性の高かった患者、34歳のセーシェル人と、数人の疑い患者の感染状況を確かめるために、パスツール研究所にあるペスト菌の共同研究施設に10検体を送付していました。
 WHOは、近国マダガスカルで拡がっているペストのリスクを抑えるために、セーシェル諸島政府・保健当局と協力しながら、活動してきました。マダガスカルでは、8月以降に70人以上の死亡者を出す前例のない流行に直面しています。セーシェル諸島では、これはでにペスト患者が確認されたことはありませんでした。
 WHOは、検査施設での検査サポートとともに、115か国に専門家と医療必需品を配置しています。(また)WHOは感染の疑いのある人との接触者の追跡や治療指針のためのガイドラインを提供しています。

「私たちは保健当局と協力して、調査活動と(感染への)備えを向上させることにより、セーシェル諸島にペストが拡大するリスクを抑えることに努めています。」と、WHOアフリカ事務局・緊急事態担当局長Ibrahima Soce Fall博士は述べています。

WHOは、WHO国際保健規則に則り、セーシェル諸島政府に対し、調査活動の強化、疑い患者の隔離と治療、接触者の追跡、接触の可能性のある者への予防投与薬による治療など、公衆衛生対策の実施について進言しています。
 現在、WHOは、(今回の患者の検査が陰性であったため)セーシェル諸島でペストが拡がるリスクは低いと判断しています。

出典

WHO. News release, Media centre. 18 October 2017
Suspected cases from Seychelles test negative for plague
http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2017/seychelles-plague-negative/en/