2017年11月14日更新 ペストの発生報告 - マダガスカル(更新7)

 2017年11月9日付けでWHOアフリカ事務局より、マダガスカルで発生しているペストについての週報が公表されました。11月8日までに報告された患者は2,304人に上りました。

ペストの発生状況

 WHOは、ペストの感染発生への調査と対応に当たるマダガスカル保健省と国の関係する担当当局への支援を続けています。2017年10月半ば以降、全体でのペストの発生数と全国でのペスト発生による入院患者数は減る傾向にあります。11月7日から8日にかけては、マダガスカルでの新たな肺ペスト疑い患者も、新たな死亡者も報告されませんでした。

 2017年8月1日から11月8日までに、全国114県のうちの55県で、感染の確定患者、可能性の高い患者、疑い患者が合せて2,034人報告されました。死亡者は165人(致死率8%)となりました。このうち1,565人(77%)が臨床症状から肺ペストと診断され、297人(15%)が腺ペスト、1人がペスト敗血症と診断されました。残る171人は、さらに患者の分類が行われている途中のため、分類が待たれています。感染の流行後、医療従事者82名が感染しました。(幸いにも)死亡者はでていません。

 肺ペストと臨床診断された患者1,565人のうち、371人(24%)が確定診断され、581人(37%)が感染の可能性が高いとされました。(残る)613人は追加の検査結果を待つ段階にあり、疑い患者とされています。(これまでに)ペスト菌(Yersinia pestis)28株が分離培養されました。すべてのペスト菌は、感染制御に向けた国の計画で推奨されている抗生物質に感受性がありました。

 全体として、マダガスカルにある22地域圏のうち14地域圏(64%)で感染が発生しています。Analamang(アナラマンガ)地域圏での発生が最も多く、届けられた患者全体の71%となっています。

 これまでに確認された接触者7,122人のうちの95%(6,866人)で、7日間の健康監視期間と予防投与薬の服用を完了しました。(このうち)接触者11人だけは、疑い患者となりました。11月8日の時点で、接触者343人のうち316人(92%)が健康監視下で把握されており、予防投与薬が処方されています。

 ペストは、マダガスカルの高原台地には常在している病気です。(今回の)流行が最初に発生したAnkazobeは、この地域内にあります。通常、9月から4月にかけて毎年、季節性の患者の急増(主に腺ペスト型)が起こります。しかし、今年のペストの流行期は、早くに始まっており、現在の流行は肺ペストが主体で、(これまでペストが)常在していなかった地域や首都Antananarivo(アンタナナリボ)や港湾都市Toamasina(トゥアマシナ)のような大都市中心部でも、感染が発生しています。

現在のリスク・アセスメント

 マダガスカルでの新たな患者数や病院への入院数は減少していますが、WHOは、2018年4月に通常のペストの流行シーズンが終わるまで、新たな患者の急増が起こる可能性を排除することができません。そのため、流行期が終わるまでは警戒体制を維持することが求められます。

 現在までに入手できている情報とこれまでに行われた対策に基づく限り、国レベルでペストがさらに拡大することへの潜在的リスクは高い状態のままです。(しかし)このペスト拡大のリスクも、肺ペストの潜伏期間が短いことや、マダガスカル出国時にスクリーニングの対策が行われていること、近隣のインド洋諸島およびその他アフリカ南部および東部の各国で感染対策の規模を拡大させ、計画的に準備に取りかかっていることから、世界的なリスクについては低いと考えられています。

 WHOは、現在までに入手できている情報とこれまでに行われた対策に基づいて、リスク・アセスメントを再評価しています。

ペストの予防、発見、感染制御に対する戦略的なアプローチ

 WHOは、ペストの感染予防と感染管理のため、(これまでに)実績が示された戦略の実施を要請しています。これらの戦略には、(i)対策の主導、(ii)調査活動の強化、(iii)検査施設での確認、(iv)接触者の確認と抗生物質の予防投与および健康監視、(v)患者の管理、(vi)感染の予防および管理、(vii)安全かつ尊厳を維持した埋葬、(viii)社会活動員の動員と地域住民の参加、(ix)物資の流通、(x)リスク情報の伝達、(xi)媒介昆虫の駆除、(xii)支援組織の参加、(xiii)調査研究、(xiv)最優先で警戒が必要とされる国での体制準備の強化、(xv)対策のための人的・物的資源の動員、などが挙げられます。

出典

AFRO/WHO. WHO external Situation report 9 - 9 November 2017
Plague outbreak situation reports
http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/259424/1/Ex-PlagueMadagascar09112017.pdf

参考

外務省 海外安全ホームページ:マダガスカルにおけるペストの流行(その3)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C228.html