2017年12月12日更新 コレラの発生 - ケニア

 2017年12月11日にWHOから公表された情報によりますと、ケニアから約1年で4,000人近いコレラ患者がWHOに報告されています。

記事の詳細情報

 ケニア保健省は、2017年1月1日から11月29日までに、死亡者76人(致死率1.9%)を含め、確定患者と感染の可能性の高い患者、合わせて3,967人をWHOに報告しました。報告された患者のうち、596人は検査で確定診断されました。

 2017年1月1日から11月29日までに、ケニアにある47カウンティのうちの20カウンティ(43%)で患者が報告されました。11月29日現在、Embu(エンブ)、Garissa(ガリッサ)、Kirinyaga(キリニャガ)、Mombasa(モンサバ)、Nairobi(ナイロビ)、Turkana(トゥルカナ)、Wajir(ワジール)の7カウンティで、激しいコレラの流行が続いています。

 ケニアにおける2017年のコレラの疫学は、感染の発生地域が(難民の)キャンプ地や施設での発生や、大規模な集会の開催中での発生などが合わさって、伝播が持続しているという特徴があります。この地域で持続している感染が患者全体の約70%を占め、患者の大部分は首都ナイロビから発生しています。キャンプ場での感染伝播は、主にガリッサ・カウンティとトゥルカナ・カウンティで発生しており、報告された患者の約23%を占めました。何れのカウンティにも大きな難民キャンプ地、Dadaab難民キャンプと Kakuma難民キャンプがあり、多くの難民を受け入れています。これらの収容施設の難民は、現在、複雑な緊急の事態や大規模なコレラ流行の状況にある国から来ています。患者の(残る)7%は、施設や集会イベントに多くの人が集まったことが感染源となって発生しました。

 この国は、毎年、コレラの流行を経験しています。但し、大きな流行は、およそ5〜7年毎に周期的に発生し、2〜3年間は続きます。

公衆衛生上の取り組み

 政府は、流行への対策活動の調整を図るために、国家緊急対策委員会を立ち上げました。 2017年1月以降、WHOやその他の支援組織は、この流行を制御するための技術支援を政府に提供してきました。政府が感染対策の計画の策定した後、WHOやその他の支援組織は、流行への対策活動を拡大するために、調査活動、患者管理、社会活動員の動員などで、この国を支援してきました。WASH(健康/水と衛生の環境を整備する)に関連した活動の拡大に加えて、食品の衛生基準の改善と安全な食品の取り扱いを促進してきました。この結果、コレラ患者数は減少してきました。

WHOによるリスクアセスメント 

 報告される患者数は減少してきましたが、この流行は、主に2つのタイプの環境の周辺に集中しているようです。そのひとつは、難民キャンプ、特にDadaab難民キャンプと Kakuma難民キャンプで、もうひとつは、人口の多い首都ナイロビ首都です。それぞれの環境は、ひとつ目が多くの人で溢れ医療支援の限られていること、もうひとつが人口密度の高いことと関係しています。この状況は、その他の地区に流行を広げることができます。また、これまでの流行では、このところの雨季の始まりとともに患者数が増加することが示されています。

 また、(人々の)健康状態や、社会、政治、環境などのさまざまな要因が、コレラの流行への対応を脆くさせ、国民に感染を発生させやすくしています。これらの要因には、アフリカの角と呼ばれる地域での干ばつ、紛争、不安定な治安、ソマリアや南スーダンの紛争を逃れてきた人々の国内外での移動などがあります。

 全体として、現在の流行のリスクは、国内レベルで高いですが、地域レベルおよびグローバルレベルでは低いと評価されています。

WHOからのアドバイス

 WHOは、コレラ治療センターで適切かつ適時に患者を管理すること推奨しています。感染の発生した地域では、飲み水と影響をもつ衛生設備、適正なゴミの管理などの利用環境を向上させ、衛生習慣と安全な食習慣の強化が図られるべきです。公衆衛生上の伝達されるべき重要な情報が提供される必要があります。WHOは、旅行者にも感染機会との接触の可能性を防ぐために、感染の発生した地域では、適正な衛生上の予防対策を取ることを勧めています。

 WHOは、現在の流行状況に関して入手できた情報に基づく限り、ケニアへの旅行や貿易に関して如何なる制限も勧めてはいません。

出典

WHO. Disease outbreak news, Emergencies preparedness, response. 11 December 2017
Cholera - Kenya
http://www.who.int/csr/don/11-december-2017-cholera-kenya/en/