2017年12月19日更新 ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ - 東京宣言

 ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHCとは、社会の構成員全員に特定の福利厚生パッケージを提供することで、医療費リスクから保護し、医療の利用環境を改善し、保健状態の向上を目指すことを目的とした活動です。12月12日から15日は、「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ・デー」とされ、今年は東京でフォーラム(公開討論会)が開かれました。その中で、東京宣言が出されました。

 健康は、人々がもつ権利です。しかし、誰でも、何処に住んでいても、持っているお金がどれくらいであっても、その人に必要な質の高い保健医療を受けられるようにするまでに、私たちの前には長い道のりがあります。この(概念の実現を目指す)ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ・デー(UHCデー)は、世界中で(みんなが)支持者に加わり、すべての国で活動し結果を得ることを求めています。世界各地でUHCデーを記した何百もの活動が支援者らによって開かれる中、(今年は)東京で12月12日から15日まで、#Health for All(すべての人の健康を)に向けて集団での活動に刺激を与えるための歴史的なUHCフォーラム(公開討論会)が行われました。このフォーラムは、日本政府、世界銀行、世界保健機関、ユニセフ、UHC 2030、JICAなどが中心となって開催されました。

 東京宣言(原文)
 Tokyo Declaration on Universal Health Coverage pdf, 430kb

出典

WHO. Promoting health through the life-course. 12 - 15 December 2017
Universal Health Coverage (UHC) Forum 2017
http://www.who.int/mediacentre/events/2017/uhc-forum-2017/en/

参考

Tokyo Declaration on Universal Health Coverage:
All Together to Accelerate Progress towards UHC
http://www.who.int/entity/universal_health_coverage/tokyo-decleration-uhc.pdf?ua=1