2018年02月26日更新 鳥インフルエンザA(H7N4)の発生

 2018年2月14日にWHOから公表された情報によりますと、中国の国家衛生・計画出産委員会(NHFPC)から、鳥インフルエンザA(H7N4)患者1人が報告されました。これは、人に鳥インフルエンザA(H7N4)が感染したことが報告された、世界で初めてのことです。

報告の詳細

 患者は、江蘇省に住む68歳の女性です。冠動脈疾患と高血圧の既往があり、2017年12月25日に発症しました。7日後、彼女は、重症肺炎への治療のため地元の病院に入院し、21日後に退院しました。2月12日に、中国疾病対策センター(中国CDC)は、患者の検体が鳥インフルエンザA(H7N4)に陽性であったことを確認しました。中国の国家衛生・計画出産委員会(NHFPC)は、2月13日に、この診断を確定させました。この患者には、発症前に生きた家禽との接触機会があったことが報告されています。

 この鳥インフルエンザA(H7N4)ウイルスの遺伝子配列では、ウイルスの全ての断片が鳥インフルエンザ・ウイルスに由来することが示されています。このウイルスは、遺伝子配列に基づけば、アマンタジンにもノイラミニラーゼ阻害剤にも感受性があります。

 この患者との濃厚接触者28人が健康監視の下に置かれています。濃厚接触者の中では、異常な所見は見られず、接触者からの咽頭ぬぐい液検体でも検査結果は全て陰性でした。

公衆衛生上の取り組み

 中国政府は、リスク評価とともに、(感染の)予防と制御への対策、接触者の追跡や施設での検査などの疾病調査と疫学調査を強化しています。国民へのリスク情報の伝達や情報の共有も続けられています。

 WHOはこの国の担当当局と連絡を取り、この事態を注意深く追っています。WHOは、IHR(2005)の規定に則り、各加盟国との情報共有を促進し、発生状況を慎重に監視しています。

WHOのリスク評価

 これは、鳥インフルエンザA(H7N4)患者が報告された初めてのことであり、この患者は発症前には裏庭で飼っていた家禽との接触が報告されています。この鳥インフルエンザA(H7N4)の遺伝子解析からは、このウイルスが鳥に起源があることが示されています。

 この患者との濃厚接触者は、鳥インフルエンザA(H7N4)に対する検査が陰性であり、症状もみられません。現在の知見では、このウイルスには人から人への感染伝播を維持する能力はないことが示唆されています。このため、人から人へ感染が持続する可能性は低いです。理論的には、人から人への感染伝播を維持できるインフルエンザは如何なる動物からでもパンデミック(世界的流行)を引き起こす可能性があります。

 鳥インフルエンザA(H7N4)の新たな患者が発見される可能性はあります。しかし。これまでのところ、発見された患者は一人であり、鳥の中で鳥インフルエンザA(H7N4)が流行しているという情報は、現在は得られていません。この評価における信頼性を高めるためには、さらなる情報の収集が必要とされます。

WHOからのアドバイス

 一般の人々は、生きた動物の市場や農場、生きた家禽や家禽の糞で汚染された表面を持つ物品など、リスクの高い環境との接触機会はさけるべきです。頻繁な手洗いやアルコール消毒薬による手指の衛生(維持)が推奨されます。WHOは旅行者に対して、特別に異なる対策を採ることは、如何なることも勧めていません。

 WHOは、この事態に関連して、入国時に特別なスクリーニング検査をすることをアドバイスしておらず、旅行や交易に対して、どのような制限を行うことも求めていません。

出典

WHO. Disease outbreak news, Emergencies preparedness, response. 22 February 2018
Human infection with avian influenza A(H7N4) virus - China
http://www.who.int/csr/don/22-february-2018-ah7n4-china/en/