病気にならないために

時差ぼけ対策

時差ぼけとは

時差ぼけ対策人の体は規則正しいリズムで動いています。ところが、飛行機による海外旅行では、このリズムが時差によって乱れ、「夜眠れない、昼間頭がボーとする、疲れがとれない。」といった時差ぼけ症状が起きることがあります。
時差ぼけは、アメリカやハワイなど東へ向かう場合(1日が短くなります)の方が、ヨーロッパなど西へ向かう場合よりも強くなります。

時差ぼけ対策について

出発前には
飛行機の中では
到着後は

薬の使用について

睡眠薬の服用も1つの手段ですが、飛行機では水分が不十分になってエコノミークラス症候群の誘因となったり、とかくとりがちなアルコールによって作用が強まったりすることがあります。必ずかかりつけ医にご相談の上、処方してもらってください。