病気にならないために

怖い!エコノミークラス症候群

怖い!エコノミークラス症候群窮屈な座席で長時間同じ姿勢のままでいると、血の流れが悪くなり血管の中に血のかたまりが作られ、そこに痛みや腫れが生じることがあります(深部静脈血栓症)。血のかたまりがはがれ、肺の血管につまると、胸が痛い、呼吸が苦しいなどの症状をおこします(肺塞栓症)。肺塞栓症は、程度が重いと死亡する可能性もある重大な病気です。
エコノミークラス症候群とも呼ばれますが、ビジネスクラスやファーストクラスでも起き、また、その他の交通機関でも長時間同じ姿勢をとった場合に起きる可能性があります。

症状

エコノミークラス症候群を起こす危険性

次のような場合、飛行機でエコノミークラス症候群を起こす危険性が高くなると言われています。

予防

十分わかってはいませんが、以下の予防方法が提案されています。


症状がみられたら、速やかに医療機関を受診してください。命にかかわる病気です。