感染症についての情報

インフルエンザ Influenza

インフルエンザはインフルエンザウイルスがうつることによってかかる病気で、人から人へうつります。

どうやってうつる

患者の咳やくしゃみによって飛び散った唾液を直接吸いこんだり、患者の唾液で汚染されたものを触った手でものを食べたり目をこすったりするとうつります。

症状

1~4日の症状のない期間があった後、発熱、筋肉痛、頭痛、倦怠感、咳、くしゃみ、鼻炎などがおこります。腎臓、心臓や肺の病気をもっていると、急に悪化することがあります。小児は、痙攣をおこして呼吸困難になることがあります。ひどい場合には死亡することがあります。

治療

抗ウイルス剤による早期の治療が行われます。それに加えて症状を軽くするための治療が行われます。

予防

ワクチンがありますが、ウイルスの型が毎年変化するため、毎年接種しなければ効果がありません。手洗いをしっかり行うことも大切です。手洗いができない場所に行く時はアルコールが含まれた消毒用ジェル等を利用するのがよいでしょう。

さらに詳しい情報