本文へスキップ
 ホーム > 予防接種

●黄熱予防接種

  • 日本においては、米国サノフィパスツール社が製造し、サノフィ株式会社が販売する「黄熱ワクチン」(YF-Vax®)が国による承認を得ている唯一の黄熱ワクチンです。現在、製造元である米国サノフィパスツール社により、「黄熱ワクチン」YF-Vax®を新たな製品へ切り替える準備が進められていますが、新製品への切替えまでには時間を要するため、2018年11月頃には「黄熱ワクチン」(YF-Vax®)の供給に不足が生じる見込みです。
     そのため、福岡検疫所では、黄熱に対するワクチン接種を必要とする方に、接種を受ける機会を継続して提供するため、国立国際医療研究センターが中心となって実施する特定臨床研究に参加し、未承認薬である黄熱ワクチンStamaril®(以下、「スタマリル」とします。)を接種することにしました。
  • 研究では、フランス・サノフィパスツール社が製造する「スタマリル」を輸入して黄熱のワクチン接種を希望される方に受けていただき、その安全性を確認します。「スタマリル」の予防接種を受けた場合でも、予防接種証明書(イエローカード)はこれまでと同様に交付されます。

    ※福岡検疫所での「スタマリル」の接種開始は2018年11月21日以降を予定しております。

    なお、特定臨床研究についてはこちらをご参照ください。
  • 検疫所では、海外へ渡航される方を対象に、黄熱の予防接種を実施しています。接種を希望される方は事前に電話での予約が必要です。
  • ※事前に予約のない方は予防接種を受けることができません。
  • 予約時に、持病やアレルギー体質等について健康上の問診を行いますので、耳や言葉の不自由な方を除いて必ず本人が電話をおかけください(未成年者については保護者の方がご予約ください)。
  • 予防接種歴や内服している薬についてお尋ねします。ご予約時はお手元に予防接種手帳(母子手帳)や服薬手帳及びパスポート(名前のスペル確認のため)をご準備ください。
  • 予約には、一人あたり20〜30分程度のお時間がかかります。予約状況によっては、予約人数を制限等させていただく場合がありますので、ご了承ください。

新着情報

  • 回数:1回
  • 手数料:3,680円(診察料2,800円+証明書交付料880円)
    手数料は収入印紙(日本政府発行)で納めていただきます。事前に郵便局等で購入してきてください。現金での取り扱いはいたしません。なお、おつりがでませんので、手数料分丁度の収入印紙をご用意ください。

新着情報

  • 証明書は、予防接種を受けた当日に交付します。
  • 接種を受けた日の10日後から有効です。
  • 入国する国によっては黄熱の証明書が要求されます。黄熱の証明書が必要な国に行かれる場合は、入国の10日前までに接種を終わらせる必要があります。
黄熱の予防接種について(FORTHホームページ)
  https://www.forth.go.jp/useful/yellowfever.html

新着情報

  • 16歳未満
    保護者が電話予約をしてください。接種当日は、保護者の同伴が必要です。諸事情により保護者が同伴できない場合は、代理の方の付き添いで接種が可能です。ただし、研究参加同意文書【日本語】【英語】の提出が必要になります。
    ※本人/代諾者用と医師用の2枚ご用意ください。
    ※同意書の日付については、未記入のうえお持ちください。
     当日記入していただきます。
  • 16歳以上20歳未満
    保護者が電話予約をしてください。接種当日は、基本的には保護者が同伴してください。諸事情により同伴できない場合は、事前に研究参加同意文書【日本語】【英語】の提出が必要です。その際、保護者の方は同意書により「黄熱ワクチン接種に関する説明書」をご一読のうえ、同意書(2枚)に署名、捺印してください。接種当日に接種を受ける本人が、同意書をご持参ください。
    ※本人/代諾者用と医師用の2枚ご用意ください。
    ※同意書の日付については、未記入のうえお持ちください。
     当日記入していただきます。

新着情報

  • 卵、鶏肉、ワクチンの製剤でアレルギー症状が現れる方は、接種が禁忌です。
  • 女性の方で妊娠中あるいは妊娠している可能性のある方は、原則接種できません。また、接種後2ヶ月間は妊娠を避けてください。授乳中の方は、接種後少なくとも14日間は断乳が必要です。
  • 9ヶ月未満のお子さまは接種できません。
  • 黄熱ワクチン接種前は、生ワクチン(麻しん、風しん、おたふく風邪、水痘、BCG)を接種した場合、中27日間以上あけてください。
    不活化ワクチン(A型肝炎、B型肝炎、日本脳炎、狂犬病、ポリオ、インフルエンザ)やトキソイド(破傷風、ジフテリア)を接種した場合は、中6日間以上あけてください。接種間隔については、6接種スケジュールについてを参照にしてください。
  • 黄熱(生ワクチン)接種後、中27日間は他の予防接種を受けることができません。
  • 薬を内服している方は、主治医から黄熱の予防接種を受けることが可能である旨を記した証明書をご持参いただく場合があります。
  • 当日に発熱や風邪症状があると、接種ができない場合があります。体調に不安がある方は事前にご連絡ください。
  • 感染症(インフルエンザなど)に罹患している場合、治癒後2〜4週間あけてからの接種の予約受付になりますのでご相談ください。
  • 接種は来庁順に実施します。混雑状況により待ち時間が長くなることがありますので、時間に余裕を持ってお越しください。また、集合時間に遅れると接種できない場合がありますので、ご注意ください。
  • 医師の問診の結果、接種できない場合がありますのでご了承ください。
  • 接種後30分間は、副反応の確認をするため待合室で待機していただきます。
  • 予防接種の記録をお持ちの方は当日ご持参ください。
  • 小学生以下のお子さまは、家を出る前に体温測定をしてください。また、当日は母子手帳をご持参ください。
  • 検疫所では、同日接種を認めておりません。
    (他の医療機関でワクチンを接種後、同日に検疫所で黄熱ワクチンは接種できません。また、検疫
     所で黄熱ワクチンを接種後、同日に医療機関でのワクチン接種もできません。)
  • 予防接種当日の飲酒及び激しい運動は控えてください。
  • 黄熱に対するワクチンの接種を希望する方は、予め以下の説明ビデオを視聴し、説明書を読んでからお越しいただくと、手続きがスムーズに行えます。

    ◇説明書 【日本語】 【英語】
    ◇研究参加同意文書 【日本語】 【英語】
    ◇「スタマリル(黄熱(おうねつ)のワクチン)」についてのお話 【日本語】 【英語】
    ◇説明ビデオ「黄熱ワクチン(未承認薬Stamaril®)を使用した研究の説明補助ビデオ」

  • 予約後でも接種前であれば、いつでも予防接種をやめることは可能です。その場合は、速やかに連絡をお願いします。
  • ワクチンの安全性を確認するため、接種を受けた方には接種後の体調変化に関する調査票をお渡しします。接種後およそ30日の間に、何かしら症状が出た場合は、原則、接種時にお渡しした「スタマリル」ワクチン接種者 調査票(以下、「調査票」とします。)に記入し、専用のウェブサイト(準備中)にアクセスの上、必要事項を入力し、報告をしてください。インターネットに接続できない場合は、調査票を記入のうえ、FAX(0120-330-634)で報告してください。FAXの送信ができない場合は研究実施施設一覧【日本語】【英語】より接種施設に電話してください。

 実施機関 種類 実施日および予約受付 
福岡検疫所
〒812−0031
福岡市博多区沖浜町8−1
福岡港湾合同庁舎3階

TEL:092−291−3585
FAX:092−282−1004 

※庁舎駐車場は使用できません。
黄熱  ・実施日
 毎週水曜日(祝祭日を除く)

・集合時間
 予約数により予防接種開始時刻が変わる
 ため、来庁時刻は予約時にお伝えします。

・予約受付
 ※3月実施の予約についてはこちらをご確認ください。
 実施日の1ヶ月前から前々日まで
  08:30〜12:00
  13:00〜17:00
  (土、日、祝祭日を除く) 
※申込み人数によっては、翌週に調整させていただく場合があります。
※定員に達した場合はその時点で受付を終了します。
門司検疫所支所
〒801−0841
北九州市門司区西海岸1−3−10
門司港湾合同庁舎

TEL:093−321−3056
FAX:093−321−5311
黄熱  ・実施日
 毎月第1火曜日(祝祭日を除く)

・集合時間
 13:00

・予約受付
 実施日の1ヶ月前から7日まで
  08:30〜12:00
  13:00〜17:00
  (土、日、祝祭日を除く)
※申込み人数によっては、翌月に調整させて
  いただく場合があります。
※定員に達した場合はその時点で受付を終了します。
長崎検疫所支所
〒850−0862
長崎市出島1−36
長崎税関庁舎2階

TEL:095−826−8081
FAX:095−826−8099
黄熱  ・実施日
 毎月第2火曜日(祝祭日を除く)

・集合時間
 12:45

・予約受付
 実施日の1ヶ月前から前週木曜日まで
  08:30〜12:00
  13:00〜17:00
  (土、日、祝祭日を除く)
※申込み人数によっては、翌月に調整させて
  いただく場合があります。
※定員に達した場合はその時点で受付を終了します。
鹿児島検疫所支所
〒892−0822
鹿児島市泉町18−2−31
鹿児島港湾合同庁舎

TEL:099−222−8670
FAX:099−223−5297

※庁舎駐車場は使用できません
黄熱  ・実施日
 毎月第3木曜日(祝祭日を除く)

・集合時間
 13:40

・予約受付
 実施日の1ヶ月前から前々日まで
  08:30〜12:00
  13:00〜17:00
  (土、日、祝祭日を除く)
※申込み人数によっては、翌月に調整させて
  いただく場合があります。
※定員に達した場合はその時点で受付を終了します。
福岡空港検疫所支所

福岡空港検疫所支所での黄熱の予防接種
は平成28年7月28日を以て休止して
おります。

黄熱の予防接種をご希望の方は、最寄り
の検疫所へご連絡ください。


〒812−0851
福岡市博多区大字青木739
福岡空港国際線旅客ターミナルビル内

TEL:092−477−0210
FAX:092−477−0209 
休止  黄熱予防接種証明書の再交付について

過去に福岡空港検疫所支所で黄熱の予防接種を受け
た方の黄熱予防接種証明書の再交付は、福岡空港検疫所
支所で行います。 

  • ワクチンは決められた接種回数・間隔で接種する必要があります。下記を参照に早めの接種スケジュールを立てましょう。
     ◎生ワクチン(黄熱、麻しん、風しん、おたふく風邪、水痘、BCG)
      ↓
     接種後4週間(中27日間)以上あける
      ↓
     次に接種するワクチン

     ◎不活化ワクチン・トキソイド
    (A型肝炎、B型肝炎、日本脳炎、インフルエンザ、狂犬病、ポリオ、破傷風、ジフテリア)
      ↓
     接種後1週間(中6日間)以上あける
      ↓
     次に接種するワクチン

    予防接種の詳しい情報については、「FORTH(海外で健康に過ごすために)」をご覧ください。
    海外渡航のためのワクチン
    予防接種実施機関の探し方

新着情報

  • 予防接種記録の保存期間内(10年以内)であれば再交付の申請が可能です。ただし、手数料として880円の収入印紙(日本政府発行)がかかります。接種した日をご確認のうえ、接種を受けた検疫所へご連絡ください。
    ※接種記録の確認を行いますので、事前にお電話ください。
    ※再交付の手続きに数日、時間を要する場合があります。
    お急ぎの方は、お早めに申請手続きを行ってください。

    再交付用:申請書(PDF)


  • 検疫所では、黄熱ワクチンを含めた接種スケジュール等の個別の相談も行っております。ご不明な点は、接種を希望される検疫所へお問い合わせください。

                                  このページの先頭へ

福岡検疫所

〒812-0031
福岡県福岡市博多区沖浜町8-1

(総務)TEL 092-291-4092
   FAX 092-291-4096
(検疫)TEL 092-291-4101
(食品)TEL 092-271-5873
(予防接種はこちらをご覧ください)