食品等輸入届出書の記載方法と記入例

食品等輸入届出書の様式
PDF   WORD


【下記文章中のコードについて】
このページの下部に関係するホームページへのリンクがありますので、ご参照下さい。

記入例については下記該当のPDFをご参照下さい。

記載要領
◎輸入者の氏名及び住所(法人の場合は、その名称及び所在地)
  1. 輸入者の住所、氏名、電話番号を正確に記入して下さい。
  2. 輸入者が法人にあっては、法人の名称、所在地及び電話番号を記入し、当該法人の代表権を有する者の印又は法人印(株式会社、有限会社等の名称印)を押印して下さい。
  3. 法人名称の下には責任者の役職名及び氏名を記入し、代表権を有する者の印が押印されていない場合は、当該責任者の印を押印して下さい。この責任者とは担当部長、課長等の広義の責任者をいいます。なお、これにかえて、輸入者である法人から委任を受けた当該法人の業務担当責任者の印を押印しても差し支えありません。この場合には、委任状を添付するとともに、食品等輸入届出書の輸入者の欄には委任者の法人の名称及び所在地並びに業務担当責任者の役職名と氏名を記入して下さい。
  4. 外国籍の会社で代表権を有する者の印又は法人印を所有していない場合には、法人の名称の下に責任者の役職名及び氏名を記入し、個人印を押印して下さい。
  5. 法人の代表権を有する者の印又は責任者若しくは業務担当責任者の記名押印については、署名に代えることができます。
  1. 検疫所で使用する欄ですので、記入しないで下さい。
  2. 到着貨物搬入予定の7日前から検疫所に食品等輸入届出書を提出する場合は、「事前」を○で囲んで下さい。また、計画輸入制度により特定の食品等を繰り返し輸入しようとする場合は、「計画輸入」を○で囲んで下さい。
  3. 輸入者が財団法人日本貿易関係手続簡易化協会編「日本輸出入業者標準コード表」に掲載されている場合、または、税関発給コードを取得している場合はそのコードを記入して下さい。なお、コードがない場合は空欄のままで差し支えありません。 輸入者コード記入例
  4. 輸入者が社団法人日本輸入食品安全推進協会に輸入食品衛生管理者として登録されている場合はその登録番号を記入して下さい。なお、登録されていない場合は空欄のままで差し支えありません。
  5. 貨物が加工食品・添加物・器具・容器包装・おもちゃの場合その生産国を、加工食品以外の食品の場合その生産地(国名または地域名)を記入して下さい。なお、食品等輸入届出関係コード(このページの下部にリンクがありますのでご参照下さい。)の「生産国・製造国コード」表に掲載されている場合は、なるべくそのコードも併せて記入して下さい。
  6. 貨物が加工食品・添加物・器具・容器包装・おもちゃの場合、その製造者名及び住所を記入して下さい。なお、「製造者・製造所コード」表に掲載されている場合は、なるべくそのコードも併せて記入して下さい。その場合、貨物が食肉製品以外の加工食品、添加物、器具、容器包装・おもちゃの場合は、食品等輸入届出関係コードの「製造者・製造所(A)コード」表に記載された製造者・加工者のコードを記入し、食肉製品の場合は食品等輸入届出関係コードの「製造者・製造所(B)コード」表に掲載された製造者等のコードを記入して下さい。 
  7. 貨物が加工食品・添加物・器具・容器包装・おもちゃの場合、その製造所名及び住所を記入して下さい。なお、「製造者・製造所コード」表に掲載されている場合は、なるべくそのコードも併せて記入して下さい。その場合、貨物が食肉製品以外の加工食品、添加物、器具、容器包装・おもちゃの場合は、食品等輸入届出関係コードの「製造者・製造所(A)コード」表に記載された製造者・加工者のコードを記入し、食肉製品の場合は食品等輸入届出関係コードの「製造者・製造所(B)コード」表に掲載された製造者等のコードを記入して下さい。
  8. 貨物が加工食品以外の食品の場合はその輸出者名及び住所を記入して下さい。また、税関発給コードを取得している場合は当該コードを記入して下さい。なお、税関発給コードを有しない輸出者にあっては、コードは空欄のままで差し支えありません。
  9. 貨物が加工食品以外の食品の場合で、かつ、包装されている場合はその包装者名を記入して下さい。また、食品等輸入届出関係コードに掲載されたコードも併せて記入して下さい。なお、包装者コードをバスケットコードで記入する場合は次のとおり記入して下さい。〇〇(←国コード)ZZW999 ※当分の間はバスケットコードを記入して下さい。  
  • 8及び9における「未加工の食肉」の取り扱いについて:製造所コード欄に処理場のコード(製造者・製造所(B)コード)、施設番号、処理場名、住所を記入して下さい。
  1. 貨物を船舶又は航空機に積み込んだ海港、又は空港名を記入して下さい。郵便物の場合は発送地名を記入して下さい。なお、輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社(NACCS)ホームページにあります業務コード集の「積込港・積卸港コード(国連LOCODE)」表(このページの下部にリンクがありますのでご参照下さい)に掲載されている場合は、なるべくそのコードも併せて記入して下さい。
  2. 貨物を船舶又は航空機に積み込んだ年月日(西暦)を記入して下さい(郵便物は発送年月日)。
  3. 貨物を船舶又は航空機から積卸した海港又は空港名を記入して下さい。なお、業務コード集の「積込港・積卸港コード(国連LOCODE)」表に掲載されている場合は、なるべくそのコードも併せて記入して下さい。
  4. 船舶又は航空機が貨物を積み卸すために海空港に到着した年月日(西暦)を記入して下さい。
  5. 貨物が保管されている倉庫名(コンテナの場合はコンテナヤード名)又はその他の保管場所名(他の蔵置場所等)及びその所在地を記入して下さい。なお、業務コード集の「保税地域コード」表に掲載されている場合は、なるべくそのコードも併せて記入して下さい。
  6. 貨物を上記保管場所に搬入を終了した年月日(西暦)を記入して下さい。
  7. 貨物の外装に表示されている記号、番号等、例えば仕向地マーク、原産地マーク等を記入して下さい。なお、船舶貨物の場合はB/L番号等、航空貨物の場合はAirway bill(混載の場合は House B/L)番号を併記して下さい。なお、外国郵便物の場合は「Address Mark」 と記入して下さい。
  8. 貨物を積載してきた船舶の名称又は航空会社名と便名を記入して下さい。
  9. 食品等輸入届出書を提出する年月日(西暦)を記入して下さい。
  10. 積み卸した貨物に、異臭、カビ発生、容器の破損等が認められ、これにより貨物の品質が損なわれ、また、そのおそれがある場合には、「有」を○で囲み、その事故の原因、状況、数・重量等の概要を記入して下さい。
  11. 食品等輸入届出書を検疫所窓口に提出する方が輸入者と異なる場合、提出者の氏名(法人の場合、法人名及び担当者名)及び電話番号を記入して下さい。提出者が「利用者コード」を有している場合は、なるべくそのコードも併せて記入して下さい。
  12. 届出をする貨物に該当するものを○で囲んで下さい。(1届出につき、最大7欄(7アイテム)まで記入できます)
  13. 有効期間内の試験成績がある場合は、「Y」を○で囲み、当該成績書を添付するか、又は備考欄に検査実施時の届出受付番号を記入して下さい。なお、当該試験成績がない場合は、「N」を○で囲んで下さい。
  14. 食品等輸入届出関係コードの「品目コード」表に基づき、なるべくそのコードを記入して下さい。
  15. 商品名ではなく、そのものが何であるかを判断できる一般的な名称を記入して下さい。
  16. 輸出国において積み込んだ貨物の数量を記入し、単位は食品等輸入届出関係コードの「積込個数単位コード」表に基づきなるべくそのコードも併せて記入して下さい。
  17. 輸出国において積み込んだ正味(Net)重量をkg単位で小数点以下2桁まで記入して下さい。(小数点以下第3位は切り上げて下さい)
  18. 具体的な用途、使用目的等を記入して下さい。なお、食品等輸入届出関係コードの「用途コード」表に掲載されている該当コードも記入して下さい。
  19. 食品等に直接触れる容器包装の材質について具体的な材質を記入して下さい。なお、食品等輸入届出関係コードの「包装の種類コード」表に掲載されている場合、なるべくそのコードも併せて記入して下さい。
  20. 輸入食品等事前確認制度により登録を行っている場合はその登録番号を記入して下さい。なお、登録していない場合は空欄のままで差し支えありません。
  21. 品目登録制度により登録を行っている場合はその登録番号を記入して下さい。なお、登録していない場合は空欄のままで差し支えありません。
  22. 社団法人日本輸入食品安全推進協会の輸入食品等安全情報登録提供事業により登録を行っている場合、その登録番号を記入して下さい。なお、登録していない場合は空欄のままで差し支えありません。
  23. 輸出国政府機関の発行する衛生証明書が必要な食肉又は食肉製品の場合、その衛生証明書番号を記入して下さい。
  24. 貨物が加工食品であるときは原材料名を、貨物が器具、容器包装又はおもちゃであるときは、その材質を記入して下さい。また、食品等輸入届出関係コードの「原材料コード」表又は「材質コード」表に掲載されている場合は、なるべくそのコードを併せて記入して下さい。なお、欄に記載できない場合は、「別紙」と記入して、別に記載したものを食品等輸入届出書に添付しても差し支えありません。
  25. 貨物が食品であって、当該食品が着香の目的以外の目的で使用される添加物(一般に食品として飲食に供されている物であって添加物として使用されるものにあっては、規格基準が定められているものに限る。)を含むときは、当該添加物の品名、貨物が添加物であって当該添加物が添加物(着香の目的で使用されるもの及び一般に食品として飲食に供されている物であって添加物として使用されるものを除く。)を含む製剤であるときは、その成分を記入して下さい。また、食品等輸入届出関係コードの「添加物コード」表に掲載されている場合は、なるべくそのコードを併せて記入して下さい。なお、欄に記載できない場合は、「別紙」と記入して、別に記載したものを食品等輸入届出書に添付しても差し支えありません。
  26. 貨物が加工食品であるときは製造工程(特に加熱条件や殺菌方法等)を具体的に記入して下さい。なお、欄に記載できない場合は、「別紙」と記入して、別に記載したものを食品等輸入届出書に添付しても差し支えありません。また、食品等輸入届出関係コードの「製造・加工方法コード」表に掲載されている場合は、なるべくそのコードを併せて記入して下さい。
 ※コードについては、輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社(NACCS)ホームページのNACCS掲示板をご覧下さい。
外郵貨物記入例(PDFファイル)

加工食品以外の食品記入例(PDFファイル)

加工食品の記入例(PDFファイル)

器具記入例(PDFファイル)

おもちゃ記入例(PDFファイル)