名古屋検疫所 | Estação de Quarentena de Nagoya | Nagoya Quarantine Station

マールブルグ病とは

 マールブルグ病は、マールブルグウイルスによる感染症です。

 1967年に当時の西ドイツのマールブルク Marburg市をはじめとする複数のヨーロッパの都市で、動物実験のためにアフリカのウガンダから輸入されたアフリカミドリザルを扱っていた研究者や職員が、次々に原因不明の感染症を発症しました。後に患者の血液から新しいウイルスが分離され、マールブルグウイルス/マールブルグ病と名付けられました。
(※ドイツのMarburg市はその発音からマールブルと一般に表記されますが、日本における法律上の呼称はマールブル病およびマールブルウイルスです)

発生地域

 マールブルグ病の発見はヨーロッパでしたが、それ以後はアフリカの一部地域(ジンバブエ、ケニア、コンゴ民主共和国、アンゴラ、ウガンダ)で発生報告があります。

感染経路

 最初の発見時にはサルからヒトへの感染でしたが、その後は明らかなサルからの感染事例は報告されていません。

 エボラ出血熱を起こすエボラウイルスと同様に、アフリカの熱帯雨林に生息するオオコウモリ(フルーツバット)がマールブルグウイルスを持っていることがわかっています。オオコウモリ自身は発病しません。
 ウイルスを持ったオオコウモリの肉を食べたり、オオコウモリが住む洞窟に立ち入ったりすることで、感染します。

 マールブルグ病患者の体液など(血液、分泌物、吐物、排泄物)や患者の体液などに汚染された物質(注射針など)に触れることでも感染します。

 また、マールブルグ病から快復した男性患者から、快復から最長7週間後までの間に、精液を介してパートナーに感染した事例も報告されています。

症状

 感染から3-10日間の潜伏期間を経て発症します。
 突然の高熱、強い頭痛、強い倦怠感で発症し、3日目には強い筋肉痛、水様性下痢、腹痛、嘔吐も加わり、消耗します。激しい消耗や意識朦朧によって目の落ちくぼんだ顔付きは「幽霊様顔貌」と呼ばれることすらあります。

 発症5-7日目ごろには出血傾向が出始め、嘔吐物や便に血が混ざるようになり、鼻、歯茎、性器や注射痕からも出血するようになります。

 経過中も高熱は持続し、やがて脳や中枢神経も障害され、ショック状態から8-9日目ごろに死に至ります

 致死率は24-100%であり、非常に致死性の高い疾患です。

 快復例でも、発症15日目ごろに男性で精巣炎を起こすことがあり、上述の性行為感染と関連が考えられています。
 また、妊娠女性が快復後に胎盤、胎児、羊水からウイルスが検出されたり、授乳女性が快復後に母乳からウイルスが検出されたこともあります。

治療法

 特異的な治療法はなく、患者の症状に応じた治療(対症療法)を行います。

予防法

 ワクチンはありません。

 予防には、コウモリの住む洞窟などに立ち入らないこと、コウモリ肉を食べない動物肉全般を十分に加熱して食べることが必要です。

 また、流行時の感染拡大防止には、感染者の厳重な隔離と接触者の追跡調査、十分な手指衛生などが必須となります。

【参考】

海外の感染症