大阪検疫所

 検査課では、海外からの感染症侵入阻止のため、帰国したヒトから採取された血液・咽頭ぬぐい液・喀痰等の材料から病原体等の検査、港湾区域で捕獲されたネズミ・蚊等の感染症媒介動物の同定検査及び病原体等の検査を実施しています。
 
また、輸入食品の安全確保のため、輸入食品の検査を実施しています。

・ 微生物学的検査では、微生物の規格基準を満たしているか?      
・ 理化学的検査では、食品添加物の基準を満たしているか?
・ 貝毒検査では、毒性が規制値を超えた貝が輸入されていないか? 
 
等を監視するために、検査を実施しています。

港湾衛生及び感染症に関する検査 ▼

○輸入食品検査
 ・微生物検査 ▼
 ・理化学検査 ▼
 ・貝毒検査 ▼

業務実績
動物実験の情報公開



港湾衛生及び感染症に関する検査


 検査第一係が担当しています。

 感染症に関する検査では、検疫法に基づいて検疫衛生課が採血した血液について、デング熱、チクングニア熱、マラリアの検査を、咽頭ぬぐい液・喀痰について新型インフルエンザ、中東呼吸器症候群(MERS)の検査を行います。

 港湾衛生に関する検査では、検疫衛生課が港湾区域(政令陸域)で捕獲したねずみ族、蚊族(成虫及び幼虫)の同定検査(種の同定)を行います。

 ・ねずみ族は、さらにペスト感染の有無を確認するために解剖検査し、ペスト菌や腎症候性出血熱ウイルスに対する抗体検査(抗体検査は神戸検疫所の検査センターで実施)のための採血、ペストを媒介するノミ等外部寄生虫の同定検査を行います。

 ・蚊族は、さらにデングウイルス、チクングニアウイルス、ウエストナイルウイルス、日本脳炎ウイルス及びマラリア原虫に特異的な遺伝子検査を行います。


      

           実体顕微鏡による蚊の同定 (写真提供:国立感染症研究所)



 

微生物検査


 検査第一係が担当しています。

 食品監視課が保税倉庫等で採取した輸入食品等について、食品衛生法に基づいて、冷凍食品、乳製品、食肉製品、氷雪、氷菓、清涼飲料水、容器包装詰加熱加圧殺菌食品(レトルト食品等)等の微生物に係る成分規格検査(細菌数(生菌数)、大腸菌群、E.coli、腸炎ビブリオ、黄色ブドウ球菌、発育し得る微生物等)を行います。


クリーンベンチを用いた無菌操作
 

理化学検査


 検査第二係が担当しています。

 食品監視課が保税倉庫等で採取した輸入食品等について、食品衛生法に基づいて検査を行います。

 業務の中心は使用頻度や違反頻度の高い食品添加物の検査です。輸入食品中から保存料、甘味料、酸化防止剤、着色料といった食品添加物を抽出し、基準を超えて含まれていないか、あるいは使用が禁止されている添加物が使用されていないかを、高速液体クロマトグラフや紫外可視分光光度計などの分析機器を用いて検査します。


保存料の抽出(水蒸気蒸留装置)

高速液体クロマトグラフ(HPLC)

貝毒検査


 検査第二係が担当しています。

 全国の検疫所輸入食品監視部門から送付されてきた二枚貝(あさり、かき、しじみ等)を中心に麻痺性貝毒の検査を行っています。

 有毒プランクトンを摂取することにより貝類等は毒化します。有毒プランクトンは世界中に存在するため、我が国の基準値(規制値)を超える貝類等が輸入されていないかをマウス毒性試験により検査しています。

  

二枚貝の脱殻(アサリ)
マウス毒性試験(腹腔に試験液を投与し観察)

        



→ 大阪検疫所トップページへ