大阪検疫所食品監視課のホームページです。

電話でのお問い合わせはTEL.06-6571-3523

〒552-0021 大阪市港区築港4丁目10番3号

届出手続き

輸入者の責務

輸入食品等の安全性の確保については、輸入者自らが第一義的責任を有していることを認識し、食品の安全性を確保するために必要な措置を食品供給工程の各段階において適切に講じる責務を有しています。(食品安全基本法第8条第1項)
したがって、輸入者自らの責任において、輸入する食品等の安全性を確保するため、食品衛生に関する必要な知識及び技術の習得、使用する原材料の安全性の確保、自主検査の実施その他の必要な措置を講ずるよう努めなければなりません。(食品衛生法第3条第1項)

→食品安全基本法第8条第1項、食品衛生法第3条第1項(PDF)


届出手続きの流れ

販売又は営業上使用する食品、添加物、器具、容器包装、乳幼児用のおもちゃを輸入しようとする場合には、輸入の都度、厚生労働大臣に届出する必要があります。
→食品衛生法第27条(PDF)

検疫所における届出手続きの流れは下図のとおりです。



1 届出の準備(輸入者)
(1) 提出する届出書類の準備をします。
@食品等輸入届出書(正副2部)
Aその他関係書類
・原材料、製造工程等に関する説明書(加工食品の場合)
・材質、部品リスト等に関する説明書(器具、容器包装、おもちゃの場合)
・衛生証明書(必要に応じ)→衛生証明書が必要なもの
・試験成績書(必要に応じ)
(2) 貨物が到着します。
(3) 食品等輸入届出書に必要事項を記入します。
(4) 検疫所の食品監視窓口に食品等輸入届出書を提出します。
   提出する食品監視窓口は→こちら(PDF) 
【注意事項】 
日本に住所又は居所を有しない非居住者及び非居住者の税関事務管理人
は、食品衛生法第54条に基づく廃棄命令等の実効性を確保する必要があることから、食品衛生法第27条に基づく輸入の届出を行うことはできません。
※税関事務管理人とは、関税法第95条に規定するものをいいます。
 →食品衛生法第54条、関税法第95条(PDF)

2 届出の審査、検査(検疫所)
(1) 提出された食品等輸入届出書及び関係書類を法令等に基づき審査します。
審査は届出書に記載されている輸出国、品目、製造者・製造所、原材料、製造方法、添加物の有無などをもとに以下の内容を確認します。
・食品衛生法に規定される製造基準に適合しているか。
・添加物の使用基準は適切であるか。
・有毒有害物質が含まれていないか。
・過去に衛生上の問題があった製造者・所でないか。
(2) 審査により検査の要否を判断します。
(3)-1 検査が不要と判断された貨物は、届出済証を発行します。
(3)-2 検査が必要と判断された貨物は、検査を実施します。
検査には、検疫所が行う検査(行政検査、モニタリング検査)と輸入者が行う検査(検査命令、指導検査等)があります。各種検査の概要については、次項で説明します。
検査の結果、適法(=合格)の場合は、届出済証を交付しますので、通関手続を進めることができます。違反(=不合格)となった場合は、日本国内に輸入することはできません。輸出国に積み戻し又は廃棄などの措置を行うこととなります。

3 通関手続き(税関)
税関において通関手続きを行い、輸入の許可が与えられれば国内流通することが可能になります。通関手続きは、税関のホームページをご覧ください。
   
→こちら(税関ホームページにリンク)

4 国内流通
消費者への販売又は加工原料などに使用され、国内で流通されます。

  

検査制度

届出審査によって、検査による確認が必要と判断されたものは、以下の検査を実施し、食品衛生法に適合していることを確認します。

検査命令
自主検査やモニタリング検査、国内での収去検査等において法違反が判明するなど、法違反の可能性が高いと見込まれる食品等について、輸入者に対し、輸入の都度、登録検査機関での検査の実施を命じる検査です。
その検査の結果が適法と判断されるまで輸入手続きを進めることはできません。検査費用は輸入者が負担します。

行政検査
初回輸入時の食品等の官能検査、輸送途中に事故が発生した食品等の確認検査等、検疫所の食品衛生監視員により実施される検査です。
検査の結果、適法と判断されるまで輸入手続きを進めることはできません。
また、食品衛生法に違反している食品等の確認検査も当該検査に含まれます。

モニタリング検査

多種多様な輸入食品等について、食品衛生上の状況について幅広く監視(モニタリング)し、必要に応じて輸入時検査を強化する等の対策を講じることを目的として、国が年間計画に基づいて実施する検査です。
検査は検疫所において実施し、検査結果の判明を待たずに輸入手続きを進めることができます。

指導検査(自主検査)
農薬や添加物等の使用状況や同種の食品等の違反情報等を参考として、輸入者の自主的な衛生管理の一環として、検疫所から輸入者に対して定期的(初回輸入時を含む。)な実施を指導する検査をいいます。
輸入者自らが検査費用を負担し、検査の結果、適法と判断されるまで輸入手続きを 進めることはできません。

登録検査機関については、→こちら(厚生労働省ホームページにリンク)
登録検査機関一覧表は上記リンクのページ中程の「登録検査機関一覧」をご覧ください。

届出の手続き次のページです。


大阪検疫所食品監視課

〒552-0021
大阪市港区築港4丁目10番3号
大阪港湾合同庁舎5階

 月曜日〜金曜日(年末年始、祝日を除く)
  8:30〜17:15
   TEL.06-6571-3523
   FAX.06-6571-3625

【輸入食品相談指導室】
・相談時間
 月曜日〜金曜日(年末年始、祝日を除く)
  8:30〜12:00
  13:00〜17:15
   TEL.06-6571-3554
   FAX.06-6571-3604



 →アクセス