年別のお知らせ
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
  • 黄熱について
  • 動物と一緒の渡航について 動物の種類によって対象となる制度が異なります。事前にご確認を。

夏休みに海外へ渡航される皆さまへ

夏休みには多くの方が海外へ渡航されます。

海外で快適に滞在し、元気に帰国されるよう、注意してほしい感染症や予防対策について情報提供いたします。

出発前に確認しておきたいこと

旅行中に気をつけたいこと

海外では、日本にはない病気がたくさんあります。海外旅行では、時差や気候の違いなどから、(自覚していなくても)様々なストレスを受けます。この結果、体の抵抗力が落ち、病気にかかりやすくなってしまいます。無理のないスケジュールを心がけましょう。

  • 生水・氷・カットフルーツをとるときは、場所を選びましょう。
  • 食事は十分火の通ったものを食べましょう。
  • 蚊・ダニに刺されないように、虫よけ剤を使うなどしましょう。
  • 動物は狂犬病や鳥インフルエンザなどの恐ろしい病気をもっていることがあります。近寄らないようにしましょう。
  • 現地で羽目をはずして薬物に手を出したり、ゆきずりの性交渉をもったりしないようにしましょう。

帰国時・帰国後に具合が悪くなったら

帰国時に発熱や下痢などの症状がある方は、最寄りの検疫所にご相談ください。
帰国後に症状が出た方は、かかりつけ医または検疫所にご相談ください。

参考になるリンク集

   ○国立感染症研究所 感染症情報センターホームページ
       http://www.nih.go.jp/niid/ja/from-idsc.html

    ○FORTH お役立ち情報
      http://www.forth.go.jp/useful/index.html