年別のお知らせ
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
  • 黄熱について
  • 動物と一緒の渡航について 動物の種類によって対象となる制度が異なります。事前にご確認を。

中東に渡航する方へ <中東呼吸器症候群に関する注意>

 中東呼吸器症候群(MERS;マーズ)は、2012年に初めて報告された新種のコロナウイルス(MERS-CoV)による感染症です。中東を中心に患者の発生が報告されています。この地域に渡航される方は以下のことに注意してください。

渡航前に注意すること

糖尿病、腎不全、慢性肺疾患、免疫不全などの持病(基礎疾患)がある方は、一般の人よりも感染しやすいと考えられています。
ラクダはウイルス(MERS-CoV)をもつ中間宿主であることが分かっています。ラクダと接触する機会がある旅行行程については、よく検討しておきましょう。

渡航中に注意すること

海外でも普段からの基本的な衛生対策を続けましょう。確実に避けられる対処を怠り感染することは自分の責任です。そのために下記の点に注意してください。
旅行の基本として、加熱していない肉や不衛生な環境で用意された食品の摂取を避けること。
果実や野菜は料理する前に清潔な水で洗うなどの食品衛生対策を行うこと。
農場の動物、家きん、野生動物に不用意に触らないこと。
 ラクダは威嚇行動でツバを吐くことがあります。ラグダの周辺に近寄ったときには、石けんと水で手をしっかり洗うことが必要です。水がないときには消毒用ジェルの利用も考えることです。
 ラクダとの接触や未殺菌のラクダ乳の摂取は自ら危険に近づくようなものです。

咳、発熱などの症状が現れた場合には、以下の点に注意してください。
ウイルス(MERS-CoV)との接触の可能性があり、日常生活に支障が出る程度の症状が現れたら、直ちに医療機関への受診を考えること。
 早めの治療が極めて重要です。
他人への感染を避けるために、症状が現れたときの他人との接触は最低限すること。
 マスクは最低限のマナーです。咳やくしゃみをする時にも、可能な限り口と鼻を覆う対策を取り、唾液や痰が付着した物品、衣類などはできるだけ他人に触れさせないようにする心がけが大切です。

渡航後に注意すること

発生地域から到着された方で、入国時に発熱、咳などの症状がある場合には、検疫所にご相談ください。健康監視の指示を受けたときには、毎日の体温の定期報告をしてください。また、症状が現れた場合には、検疫所に連絡を入れて指示を受けてください。健康監視以外の方は、帰国してから2週間以内に、発熱、咳などの症状が現れた場合には、最寄りの医療機関に事前に連絡を入れた上で受診してください。受診時には必ず渡航先を伝えてください。

※リスクアセスメントに関する情報は、こちらをご覧ください。

最新ニュース
中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)について (ファクトシート)(2015年6月8日)
http://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2015/06081138.html

※患者数などの情報は、こちらをご覧ください。

新着情報
中東呼吸器症候群(MERS)の発生状況 (更新38)(2015年6月17日)
http://www.forth.go.jp/topics/2015/06171321.html

参考

国立感染症研究所
MERS(マーズ)コロナウイルス(MERS-CoV)
http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/alphabet/mers/2186-idsc/2686-mers.html

厚生労働省
中東呼吸器症候群(MERS)について
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/mers.html

2015年2月2日掲載 2015年6月17日更新