マラリアに注意しましょう!

どういう病気?

  • マラリア原虫をもった(ハマダラカ属)に刺されることで感染する病気です。
  • 世界中の熱帯・亜熱帯地域で流行しており、2013年12月に公表された統計によると、1年間に約2億700万人が感染し、推計62万7,000人が死亡しています。日本でも100人近くが輸入感染で発症しています。
  • 1週間から4週間ほどの潜伏期間をおいて、発熱、寒気、頭痛、嘔吐、関節痛、筋肉痛などの症状が出ます。
  • マラリアには4種類(熱帯熱マラリア、三日熱マラリア、四日熱マラリア、卵形マラリア)あります。その中でも、熱帯熱マラリアは発症から24時間以内に治療しないと重症化し、しばしば死に至ります。脳症、腎症、肺水腫、出血傾向、重症貧血など、さまざまな合併症がみられます。

マラリアの流行地域

アジア、オセアニア、アフリカおよび中南米の熱帯・亜熱帯地域で流行しています。

マラリアの流行地域

WHO International travel and health. Malaria, countries or areas at risk of transmission, 2011をもとに作成 (WHO参照リンク

マラリアにかからないようにするために!

速やかに治療することが必要です!

さらに詳しい情報

2016年11月更新