本文へスキップ
 ホーム業務概要食品監視業務 > 輸入食品相談業務

輸入食品相談業務新着情報

輸入食品相談指導室では、食品等の輸入者や関係事業者の自主的な衛生管理の推進を図るよう食品等の輸入手続き、検査命令や検査強化品目等の輸入時の検査体制、輸入食品等の安全性確保の取り組みに必要な日本の食品添加物や残留農薬等の規制に関する情報提供、及び原材料の安全性確保の方法、食品衛生法違反事例の利用方法等について指導を行っています。

なお、事前相談は、事前審査や事前許可とは異なりますのでご注意下さい。

輸入に際して事前審査を希望する場合は、事前届出制度(貨物到着予定日の7日前から届出を受付ける制度)をご活用下さい。


◇ 準備するもの
輸入相談を希望される場合には、より具体的な相談内容の充実を図るため、事前に次の情報を整理いただくようお願いいたします。

生産地(製造者・製造所)
原材料表
添加物を使用している場合には化学名称と使用量
製造、加工工程表
容器、包装(材質、形態等)
その他、商品説明書やサンプル等 

但し、提出資料が英語以外で記載されている場合は、和訳したものをごご用意ください。

相談日
  月曜日~金曜日(祝祭日を除く)  午前8時半~午後5時
  来所による相談は予約制です。事前に希望日時をご予約下さい。
      (福岡検疫所 食品監視課 092-271-5873)


  輸入相談等事前相談記録表



福岡検疫所

〒812-0031
福岡県福岡市博多区沖浜町8-1

(総務)TEL 092-291-4092
   FAX 092-291-4096
(検疫)TEL 092-291-4101
(食品)TEL 092-271-5873