FIFAワールドカップ・カタール大会2022観戦で渡航される方へ

楽しい観戦と健康な滞在の後に、スムーズに帰国・再入国していただくため、以下について確認及び手続きをお願いいたします。

1)新型コロナウイルス感染症について

日本を出発する前に新型コロナワクチン接種証明書の準備を!

現地で日本への帰国便に搭乗する際に、有効な新型コロナワクチン接種証明書又は現地出国前72時間以内の検査(陰性)証明書の提示が必要です。
 
●有効なワクチン接種(3回)証明書の条件
https://www.forth.go.jp/news/000067740.pdf
 
カタールにおいて、検査(陰性)証明書の入手が困難な場合は、在カタール日本国大使館にご相談ください。
●在カタール日本国大使館: 「注意喚起」「出入国関係」をご一読ください。
https://www.qa.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00386.html

スムーズに帰国していただくための手続き

現在、新型コロナウイルス感染症に関する防疫措置の一環として、帰国・入国されるすべての方に、滞在歴や健康状態などの質問票に回答いただいております。入国前にVisit Japan Webの入国手続きオンラインサービスを使って当該質問票への回答や有効なワクチン接種証明書(3回)又は出国前72時間以内の検査陰性証明書の登録をしておくと、日本入国時の空港での検疫をスムーズに通過する(ファストトラック)ことが出来ます。

 
●デジタル庁 Visit Japan Web 入国手続オンラインサービス
https://vjw-lp.digital.go.jp/
●厚生労働省 日本へ入国・帰国する皆様へ ファストトラックとは
https://www.hco.mhlw.go.jp/#news

2)中東呼吸器症候群(MERS)

MERSは、2012年にサウジアラビアで初めて確認されたコロナウイルス(MERS‐CoV)によって起こるウイルス性呼吸器疾患です。カタールにおいては、2022年に2名の確定感染者(うち1名死亡)が報告されています。MERSは感染症法において二類感染症に指定されています。以下に該当する方で感染が疑われる人は、日本入国後1日2回の体温の報告が必要となる検疫(健康監視)の対象となります。
◎加熱が不十分な未殺菌のラクダの乳や生肉など、不衛生な状況で調理された料理を摂食した方
MERSと確定された患者さんと接触した方
ヒトコブラクダを含む動物の唾液を浴びた方など
旅行中に心配なできことがあった方は、帰国時に検疫官にお申し出ください。
 
●カタール国における中東呼吸器症候群(MERS-CoV)の発生について(FORTH)
https://www.forth.go.jp/topics/202200514_00003.html
 

3)その他

カタールの気候や感染症に注意

カタールは日本の気候とは異なり、雨が非常に少ないわりに海に囲まれているため湿度が高く、気温が高いため、熱中症や脱水症状に注意してください。
また、砂嵐による細かい砂塵による呼吸器疾患にも注意が必要です。
 
●厚生労働省検疫所ホームページ(FORTH) 中東地域
https://www.forth.go.jp/destinations/country/tme_area.html
●外務省ホームページ 世界の医療事情(カタール)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/nm_east/quatar.html
●外務省海外安全ホームページ:カタール危険・スポット・広域情報
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_048.html#ad-image-0