本文へスキップ
 ホーム 業務概要 > 検疫業務

検疫業務新着情報

 検疫とは、国内に常在しない感染症の病原体の国内侵入及びまん延を防止するため、海港や空港で人、貨物及び乗物の検査を行い、必要な措置をとることをいいます。
 検疫所は、検疫法に基づき、海外から来航する船舶や航空機の検疫、海外の感染症情報の提供及び予防接種等の申請業務を行っています。

船舶・航空機の検疫
検疫の対象となる感染症が検疫感染症として法律で定められ、それにはエボラ出血熱をはじめ種々の感染症が指定されています。
 検疫に際しては、検疫前の通報及び船内または機内の衛生状態等を示した明告書等の提出を受け、これらの感染症の病原体による汚染のおそれの有無を確認するとともに、検疫感染症の流行地から来航した旅客等については、健康状態に関する質問票の記入を求めています。
  書面または質問票による申告等で有症者が発見された場合は、医師による健康相談や問診、診察を行い、必要に応じて検査を実施します。また、重篤な感染症の疑い患者については、入院を委託した感染症指定医療機関へ速やかに搬送し、隔離・停留・消毒等の措置を行います。
  なお、船舶の検疫方式には、港内の検疫区域に停泊させ検疫官が船舶に乗り込んで行う錨地検疫、岸壁に着岸させて行う着岸検疫、さらに船舶からの事前通報を審査して行う無線検疫があります。また、航空機の検疫方式には、入国エリアの所定の場所で行うブース検疫、到着した航空機に乗り込んで行う機内検疫があります。
                       入国手続きの流れ
                       船舶による入国者数
                       航空機による入国者数


感染症情報の提供

 厚生労働省検疫所では、海外渡航者、旅行業者及び医療従事者向けにFORTHホームページ(http://www.forth.go.jp)で海外における感染症情報や医療情報を提供しています。
 福岡検疫所においても、WHO(世界保健機関)や医学関係団体等から感染症情報を収集し、ポスター、パンフレット、ホームページ(海外感染症情報)を媒体として地方自治体等の関係機関及び海外渡航者等に提供しています。


予防接種等
 海外でかかる心配のある感染症を予防するため、福岡検疫所及び管内支所では海外へ渡航しようとしている方からの申請により予防接種を行うとともに 、健康等に関する相談を受け付けています。予防接種は事前に予約が必要ですので、旅行前1〜2ヶ月程度の余裕をもってお電話下さい。
  詳細については、予防接種・健康相談をご覧下さい。予防接種・健康相談では、狂犬病ワクチンの曝露後接種を行う九州地区の医療機関も紹介しています。
 
     福岡検疫所予防接種専用  TEL : 092−291−3585



福岡検疫所

〒812-0031
福岡県福岡市博多区沖浜町8-1

(総務)TEL 092-291-4092
   FAX 092-291-4096
(検疫)TEL 092-291-4101
(食品)TEL 092-271-5873