食品等を輸入される方へ
・食品衛生法に基づく輸入手続きについて
 販売又は営業上使用するために、外国から食品等を輸入する場合、貨物が搬入された区域を担当する検疫所に対して食品衛生法に基づく輸入の届出が必要となります。
 届出が必要な食品等とは、食品、添加物、器具、容器包装及び乳幼児を対象とするおもちゃをいい、届出を受け付けた検疫所では、食品衛生法に基づく適法な食品等であるかについて食品衛生監視員が審査を行います。
 審査や検査の結果、食品衛生法の規定に適合すると判断されるもののみ、以後の通関手続きを進めることができます。
 また、以下の場合についても届出が必要となります。
・食品等を不特定または多数の方に配布を目的として輸入する場合(日本から輸出した食品を積み戻した場合も含む)
*手続きの流れについてはこちらをご覧下さい。届出様式は「輸入手続きに関する各種様式」よりダウンロードして下さい。
 輸入手続きに使用する各種様式  
 食品等輸入届出書の記載方法と記入例 
 食品等輸入届出関係コード
 食品関係用語集

 その他関連情報
 ・厚生労働省 食品関連ホームページ
 ・厚生労働大臣登録検査機関等
・事前の輸入相談について
 販売等の目的で、食品などを輸入しようと考えている方に、食品衛生法に基づく事前の相談業務を実施しています。
 詳しくはこちらをご覧下さい。

※輸入食品等事前相談調査表
 〈PDF〉  〈EXCEL〉
 
 大阪税関外郵出張所からはがきが送られてきた方へ
  
  当該品が届出対象の貨物か判断するにあたり、具体的な貨物の内容(生産国、品名、数量及び重量、使用目的等)を予めご確認のうえ、当課までご連絡下さい(内容によっては別途確認事項が発生する場合があります)。
届出等が必要であった場合はこちらをご覧下さい。
*貨物の配送状況は日本郵便株式会社ホームページにてご確認下さい
 
輸入食品監視関連通知 

監視指導・統計情報
(厚生労働省ホームページ)

・命令検査の詳細については検査命令実施通知をご覧ください。
 検査命令対象食品およびその内容は検査命令通知「1.食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令の実施について」の別添1をご覧ください。
・モニタリング検査の詳細はモニタリング検査実施通知をご覧ください。
 検査強化はモニタリング実施通知『「輸入食品等モニタリング計画」の実施について』の別表第2(30%モニタリング検査強化品目)、別表第3(輸入時100%自主検査品目)をご覧ください。


〈お問い合わせ先〉
〒549-0021 大阪府泉南市泉州空港南1番地(関西空港地方合同庁舎4階)
 関西空港検疫所食品監視課


 食品監視課       TEL:072-455-1290(業務時間 08:30〜23:00)
 輸入食品相談指導室 TEL:072-455-1295(受付時間 08:30〜12:00、13:00〜17:15(土日、祝日を除く))
               FAX(共通):072-455-1292
   
  交通・アクセス 【案内図】
(電車・バス):南海またはJR「関西空港駅」から改札を出て右へ、エアロプラザ方面通路横の階段を降り、南海バス「空港駅」へ。「空港駅-給油地区」路線の給油地区行きに乗り、「機内食前」バス停下車後、徒歩5分
南海バスホームページ
(車):連絡橋の料金所を通過後、「国際貨物地区」を目印に進む。日本郵便株式会社を越えてすぐ。

※国際貨物地区へ立ち入る際には「立入証」が必要です。バスを利用される場合はバス乗り場で、車の場合は立ち入りゲート「立入証発行」レーンへお進みいただき、一時立入証の交付を受けてください(交付の際には身分を証明できるものが必要となります)。