ホーム >>  輸入動物  
対象となる動物
手続きの流れ
注意点
窓口のご案内
必要なものは?
よくある質問(Q&A)
動物の輸入届出制度について(厚労省結核感染症課)
(English)
動物を持ち帰る方へ(リーフレット)[pdf]
For individuals who have animals from overseas(Leaflet) [pdf]
動物を持ち込むには?Bringing Animals into Japan

対象となる動物
●これらの動物は、「動物の輸入届出制度」の対象となり、持ち込むには輸入時に届出が必要になります。ペットも届出の対象となりますのでご注意ください。


フェレット、ハリネズミ、カワウソ、トラ、クマなどの哺乳類

ハムスター、モルモット、リス、マウス、チンチラなどのゲッシ目
 ※ペットとして飼育しているハムスター等のゲッシ目は日本へは持ち込めません。

オウム、インコ、フィンチ、ペンギン、フクロウなどの鳥類
 ※国、地域によっては日本には持ち込めない場合があります。

●動物の種類や国や地域によっては日本に持ち込めない可能性があります。
自分のペットが届出の対象となるか、輸入可能な地域かどうかなど、まずは輸入動物管理室までお問い合わせください。



 注意:イヌ、ネコ、ウサギは農林水産省の動物検疫所が行う検疫制度の対象です。
    
 動物検疫所にご確認ください。→動物検疫所ホームページ

ページのトップ



ペットを持ち込む際の手続き

【輸入相談】

成田空港検疫所の輸入動物管理室では、電話・FAX等での輸入相談を行っています。お気軽にお電話ください。

 

【現地での準備】

輸出国政府機関が発行する衛生証明書を取得します。証明書に記載が必要な証明内容は動物によって異なり、現地で一定期間の係留・保管が必要になります。

 

【事前確認】

輸入時に提出書類に不備があると、動物は輸入できなくなってしまうため、事前に必要書類のコピーを当室までFAX等で送付し、内容の確認を行うようにしてください。ただし、到着時の正式な届出をもって届出受理となります。事前確認のみでは輸入は認められませんのでご注意ください。

  

【成田での届出手続き】

動物とともに到着した後、あらかじめ指定された届出窓口に届出書、衛生証明書等の原本書類を提出します。審査の結果、適法であれば届出受理証を交付します。


● リーフレット各種

海外から動物を持ち帰る方へ (リーフレット)
※下記の図をクリックするとアップできます。
For individuals who have animals from overseas(Leaflet)
ダウンロードはこちら  Download

ページのトップ



注意点
●動物の輸入に関しては、動物の届出制度以外にも、他の法律により日本への輸入が規制、制限される場合があります。輸入手続きをスムーズに行うためにも、あらかじめ税関をはじめとする下記の主管省庁にご相談ください。

税関ホームページ
動物検疫所ホームページ
植物防疫所ホームページ
経済産業省(ワシントン条約)
環境省(外来生物法)


●鳥の持ち込みについて
高病原性鳥インフルエンザ及び低病原性鳥インフルエンザの発生地域から、鳥は日本へ持ち込めません。
鳥の輸入が可能な地域については、コチラでご確認ください。

ページのトップ




成田空港の届出窓口のご案内

受託手荷物(Check-in-baggage)での輸入の場合
受託手荷物として持ち込まれた場合は、第1ターミナル(南、北)、第2ターミナル、第3ターミナルにある届出カウンターで届出を行います。
(職員は常駐しておりませんので、必ずご連絡ください)


貨物扱い(Cargo)での輸入の場合
貨物地区の輸入動物管理室で届出を行います。

お問い合わせ先
衛生課輸入動物管理室


〒282-0006
千葉県成田市取香字天浪800
貨物管理ビル 3F
TEL:0476-32-6708
FAX:0476-32-6725


窓口開庁時間
平日  8:30〜21:00
土日祝(年末年始含む)
    8:30〜17:00





ページのトップ
成田空港検疫所 Copyright NARITA Airport Quarantine's All rights reserved.