2011年のニュース

HPA(イギリス)から、麻しん流行に対するワクチン接種勧告がでています。

HPA 2011年05月13日

 ここ1カ月で麻しんにかかる小児と若者の症例が増加しています。

 症例における最近の増加は、おそらくヨーロッパからの最近の旅行に関連しています。これは、麻しんに対して十分な免疫のない小児と若者が、学校、サマー・キャンプ、および大学や海外旅行に行くことによって、麻しんが容易に広まることを意味します。

 両親は、麻しんに対して用心深くし、小児にMMRワクチンの2回の接種を受けさせるべきです。麻しんは深刻であり、時として、致命的となる場合があります。免疫の獲得が遅れると、小児は危険にさらされます。

 イングランドとウェールズにおいて、2011年1月-4月に発生した地域ごとの麻しんの確定症例は、以下の通りです。

    ロンドン--86
 
  イングランド南東部--78

  ヨークシャーとハンバー--44

  イングランド南西部--20

  イングランド北西部--18

  ウェストミッドランズ--18 

  イーストミッドランズ—6 

  東イングランド--5 

  イングランド北東部--0

  ウェールズ--0

  Total--275

 HPAに報告された麻しんの275症例は暫定的な合計です。

 

イギリスのMMR接種率(2010年9月~12月)

  生後24カ月までに、MMRワクチンの初回接種を受けた小児:89.4%。

    5歳までに、MMRワクチンの初回接種を受けた小児:92.8%

   5歳までに、MMRワクチンを2回目の接種をうけた小児:84.8%